お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

これから住まいを選択するなら、ガスにも注目しておこう!

2020年2月13日

最近は賃貸を含め、利便性の高い設備が次々と登場しています。
その代表的な物として、例えばオール電化やスマートホーム等が挙げられるでしょう。
そこで気になるのが光熱費ですよね。
実は、ある部分に注目すると、月々の出費を押さえられるのです。
みなさんは、住まいにおけるガスの種類に注目してみたことがあるでしょうか?

住まいに必須なガスには2種類のタイプがある

みなさんのご実家や一人暮らしを経験された人は、自宅のガスの種類を知っていますか?
ガスには、プロパンガスと都市ガスの2種類があり、それぞれに使いやすさがあるのです。
ところで、これからマイホームとしての住まいを検討している人は、ガスについてどちらが良いか考えたことがあるでしょうか?

もしかすると、部屋のことばかり考えてしまい、ガスのことはあまり考えていなかったという人もいるかもしれません。
しかし、この部分を適当に考えてしまうと、住んだ後に後悔してしまうこともあります。
それは、利用料金です。

ガスの料金は、どれも同じような物だと思っていると、家計に大ダメージを与えてしまうかもしれませんよね。
そのため、住まいを選ぶ時は、ガスにも注目して選んであげることがベストでしょう。

住まい選びとガス~どっちが家計的にお得なの?

一番気になるのは、どちらがお得なのかということでしょう。
それはズバリ、都市ガスになります。
なぜなら、プロパンガスは、設備や人件費がかかってしまいため、その分が上乗せされた金額設定になっているのです。
そのため、光熱費をなるべく抑えたいという人は、都市ガスを選ぶべきでしょう。

その一方で、賃貸の住まいをマイホームとして選択した場合、最初に設定されたガスから、他のガスへ変えたいという場合はどうでしょうか?
基本的に賃貸の場合は、基から設置されている設備を変更することはできません。
ですので、物件選びの段階から、ガスの種類をチェックしつつ探すしかありませんよね。

ですが、大家さんの中には、変更を許可してくれることも稀にあります。
その分、かかる費用は全て自己負担になりますが、長く住み続けると考えると助かるという人もいるでしょう。
しかし、かかる費用は、設備の交換工事で10万円~20万円くらい必要なことが予想されますから、決して安い費用ではありません。

高額な費用がかかったとしても、その分生活にメリットがあるかを考えた上で、判断した方が良さそうですね。

参考URL Rooch
(https://blog.ieagent.jp/chie/puropan-toshigasu-chigai-14537)

まとめ

今回は、住まいにおけるガス選びについてご説明しました。
ガスはライフラインの要となる設備ですから、家計的にも使いやすい方を選択した方がいいです。
また、経済面だけでなく火力にこだわりたい人は、プロパンガスがオススメできるでしょう。
ガスは見落としがちな部分かもしれませんが、毎月の出費を考えると重要なポイントになりますよね。

2020年2月13日

お役立ち情報 関連記事

ベビーシッター 割引

会社の福利厚生を有効活用~ベビーシッター専用の割引券をご紹介します~』

コロナ 住宅ローン減税

コロナで延長決定!~住宅ローン減税の変更点を解説します!~

海外ウェディング 旅費

海外ウエディングのゲスト対応~旅費の負担はどうすべき?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter