お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

みなさんのご家庭はいかがですか?~お正月のおせちの費用~

2020年2月8日

お正月は、美味しい御馳走がたくさん並びますよね。
今は、おせち料理を作る人も買う人もいらっしゃるでしょう。
ところでみなさん、おせち料理にどのくらいの予算をかけているのでしょうか。
その平均額って、あまり知られていませんよね。
今回は、各ご家庭のおせちにかける費用を見てみましょう。

おせちにかけている費用はどのくらい?

毎年おせちを食べているという人も多いと思いますが、どのくらいの費用だったか覚えていますか?
近年は、リッチなおせちでなくても、5000円くらいで購入できる商品もありますから、気軽に楽しめますよね。
一般的に、購入者の多い金額はあるのでしょうか?

その最も多い金額は、1万円~1万5千円の価格帯になります。
これくらいの値段ならば、お正月にちょっと奮発しようということで、購入もしやすいですよね。
せっかくのおせちですから、少し奮発したいと思っている人が多いのかもしれません。

次に多いのは5千円未満の商品になります。
これは見方を変えると、リーズナブルな値段でもおせちを楽しむことができるようになったことから、価格帯のバリエーションが豊富になったと考えることもできるでしょう。
おせち=高価な物という概念は、なくなりつつあるのかもしれませんね。

おせちにかけている費用から見えてくることは?

多くの人が、おせちには少なからず費用をかけていますが、最近では手作りよりも市販品を購入することが多くなってきました。
その理由は、明確です。
自分で作るよりも手間がかからず、美味しく、様々なおかずが食べられるということになるでしょう。

最近は、和風の定番のおせちだけでなく、オードブルのようなおせちや洋風・中華風のおせちも登場していますよね。
そのため、従来のおせちとは、ちょっと変わった商品を購入することもできるのです。
せっかく家族で過ごすとなるならば、好きな物、美味しい物を食べて過ごしたいですよね。

お正月のおせち離れが進んでいるという話題を聞くこともありますが、まだまだそんなことはありません。
購入者は、調査では7割と多い割合になっていますから、まだまだニーズがあることが伺えるでしょう。
意外と若い層であっても、購入している人もいますから、来年の参考にしてみて下さい。

参考調査URLぐるすぐり
(https://gurusuguri.com/special/season/osechi/spcu-1511_26/)

まとめ

今回は、おせちにかける費用についてご紹介しました。
中にはなんと、2万5千円以上のリッチなおせちを購入している人もいるようです。
せっかくのお正月ですから、価格にこだわらず、本当に気に入った商品を購入するのもアリですよね。
年に一度のお楽しみですから、価格に関わらず好きな物やブランドを選んでみても良いでしょう。

2020年2月8日

お役立ち情報 関連記事

認知症保険

認知症に対応した保険があるって本当?

口座維持手数料

気になる最新の話題~口座維持手数料ってそもそも必要?~

障がい保険

障がいがあっても保険に加入できる?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter