お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

東証で動いている市場の種類を解説します~①マザーズ~

2020年2月2日

みなさんは、東京証券取引所に複数の市場があるということをご存知ですよね。
投資に疎い人でも、”東証一部“という名称は聞いたことがあるでしょう。
その他にも、”マザーズ”と呼ばれる市場があるのですが、聞いたことがあるでしょうか?
今回は、東証の中にあるマザーズについて、どのような市場なのかを解説します。

東証の中でもどのような企業がマザーズに上場するのか?

東証にある市場の中には、上場していること自体が知名度に繋がるというものがありますよね。
そのため、どこの市場に上場するのかは、企業にとって重要なポイントになるでしょう。
このように考えると、東証の中でもマザーズは、どのような位置づけになると思いますか?

マザーズに上場している企業の多くは、将来的に東証一部への上場を視野に入れています。
つまり、現段階での上場は困難でも、経験を積んで東証一部へのステップアップを図る場になるのが、マザーズということになるでしょう。
従って、将来的に大きな成長を遂げる可能性のある企業が、眠っている場所だとも言えますよね。

そのため、上場の条件は、東証二部と比べても緩やかになっている傾向があります。
ですので、まずは上場を目標としている企業にとっては、ちょうど良い市場として存在しているかもしれません。
上場のハードルは、市場によって異なりますが、参加しやすい風潮であることから、多様な分野の企業が上場していると言えるでしょう。

東証の中でもマザーズに注目する際のポイントは?

東証の中でも、今後幅広い市場を視野に入れたい場合、マザーズは一つの選択肢になります。
注目する際にポイントとなるのは、市場の動きになるでしょう。
現在、上場している企業は約200社あると言われていますが、その企業のすべてが好業績であるわけではありません。
意外にも、業績が悪い企業も中にはあるのです。

私たちは、上場している企業は安定している、極端な業績の悪化は少ないと思っていますよね。
ですが、マザーズの場合は、上場条件に資産等の基準が厳しく設定されていませんから、業績の良し悪しで上場が左右されるわけではないのです。
このような事情を知らないまま投資先を決めてしまうと、上手くいかないという人も出てくるでしょう。

また、企業の中には急成長を遂げて、東証一部への上場を果たすというところもあります。
そうなると、一気に市場全体の流れが変化することがありますから、その流れについていかないと、タイミングを逃してしまうかもしれませんよね。
動きが激しいということも、知っておいて下さい。

参考URLシンプレクスのETF
(https://www.simplexasset.com/etf/column/041.html)

まとめ

東証にある市場、マザーズは、どちらかというとベンチャー企業が多い傾向にあります。
今までとはちょっと趣向を変えて投資をしたい、と考えている人には向いているかもしれません。
ただ、株価の良し悪しに関わらず、大きな動きが急に見られる場合がありますから、常に変化には注意しましょう。
上場している企業には、みなさんがご存知の企業もありますから、少し身近に感じられるかもしれませんね。

2020年2月2日

お役立ち情報 関連記事

サステナブル投資

サステナブル投資の難しさ~企業側の現状と投資家のマッチング~

アフターコロナ 外食業界

アフターコロナと株式投資~外食業界は何をポイントにすべき?~

投資 パンデミック債

こんな時だからこそ投資で注目したいパンデミック債とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter