お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

資産運用に慣れたら知っておきたい”基調判断“とは?

2020年1月31日

資産運用は、その時の運で資産が増えたり減ったりするものではありません。
やはり、投資ならば市場の動きやその時の経済状況が反映されていますよね。
ある程度慣れてきた人はプロに任せるだけでなく、自らも情報を集める必要があるでしょう!
今回は、資産運用に慣れてきたら参考にしたい、基調判断についてご紹介します。

資産運用時に参考にしたい”基調判断”とは?

投資や資産運用のベテランの方は、ただ所有している商品の動きに注目しているだけではありません。
政府が発表している、ある指標も参考にしていることを知っているでしょうか?
それは、基調判断と呼ばれるものです。

これは、現在の景気の状況が良いのか悪いのか、というのを判断するためのものになりますから、様々な分野で確認している人が多いでしょう。
私たちも、稀にニュース等で現在の様子を聞くことがありますよね。
公的な場所で発表されている内容ですから、その信頼度も高く、経済だけでなく政治分野でも注目していると言えるでしょう。

動向は5種類の基準から設けられており、細かな基準によって明確に決められています。
では、このような指標があることを知った上で、資産運用基調判断はどのように関係してくるのでしょうか?

資産運用では、どのような観点で基調判断を参考にすると良いの?

資産運用を行っている人は、基調判断をこのような形で利用しています。
例えば、景気が良くなっている傾向があると、投資先の企業の状況がどうなっているのか気になりますよね。
社会的な状況を踏まえた上で、業績の判断をすることができますから、このまま投資をしても良いかどうか考えることができるでしょう。

また、景気の流れから、今後の企業の動向や、流れに乗って成長する兆しがあるかどうかを見分けるきっかけにもしています。
企業の経営状況は、企業の努力だけで判断されるのでなく、外的な要因も十分関係してきますよね。
そのため、投資家や運用者自身が、そのままのプランで大丈夫かどうかを、判断する根拠の1つになると言っても良いでしょう。

これは、今の運用状況を冷静に判断するための資料だと思って下さい。
そして、状況は年1回でなく、毎月発表されていますから、意外と細かく動きを知ることができますよね。
もう少し運用を積極的に行いたいと感じている人は、基調判断を参考にしてみて下さい。
ワンランク上の運用が狙えるかもしれません。

まとめ

今回は、資産運用とその基調判断について取り上げました。
資産運用で取り扱っている商品の動きは、個人や企業の努力だけで上手くいくとは限りません。
特に企業の業績に関しては、経済状況の影響を受けやすいですから、プラスでもマイナスでも思わぬ動きがあることもあります。
現在、初心者からのステップアップを考えている人は、今後ぜひ注目したい良いポイントになるでしょう。

2020年1月31日

お役立ち情報 関連記事

収入観 資産形成

収入観の比較から資産形成について考えてみよう

資産形成 リスク許容度診断

資産形成の方法でお悩みの人はリスク許容度診断でリサーチしよう!

資産形成 IFA 

資産形成の相談はIFAにお任せ!~業務内容や特徴について知ろう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter