お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

住宅ローンの考え方を見直してみませんか?~借金の捉え方~

2020年1月30日

私たちのほとんどは借金という言葉を聞くと、どうしても悪い印象を抱いてしまいますよね。
大きな買い物をする場合も、重荷に感じてしまう人もいるでしょう。
ですが、すべての借金がそのようなイメージではありません。
特に住宅ローンの場合は、他の内容と比べるとそもそもの考え方が違っているのです!

住宅ローンはマイナスな意味での考え方をしない

みなさんは住宅ローンについて、一般的に一括では支払いが難しいから利用せざるを得ないものだと思っていませんか?
確かに、大きな買い物をする際、時間がかかっても支払いができる方法があると助かりますよね。
ただその分、毎月の支払いの負担が大変だと感じてしまう人もいるでしょう。
みなさんの中にも、家計をやり繰りしながら、返済を頑張っているという人が多いのでないでしょうか?

とはいえ、住宅ローンはみなさんにとって、好ましくない存在だという考え方はしていないと思います。
確かに家計的な負担はありますが、この返済はマイナスな意味における借金ではありません。
むしろローンの利用は、自分たちにとってプラスになると考えて良いのです。

なぜ、プラスとして考えて良いのか、みなさんは理由を知っていますか?

住宅ローンは将来資産の確保のために利用しているという考え方

ところで、みなさんは住宅を購入する際に、ある内容を考えることはありませんでしたか?
例えば、将来的に家があると資産として使える、売却したり、賃貸経営をしたりするのもアリかもということです。
住まいと言っても、個人の事情によっては多様な活用の仕方が考えられますよね。
その結果、みなさん自身に利益をもたらしてくれるということもあると言えるでしょう。

その利益は、お金としてでなくても構いません。
このように考えると、住宅ローンを利用するにあたり、マイナスばかりだった考え方もちょっと変わってきますよね。
すぐにとはいかなくても、将来的に確実にプラスになるものなのです。

この考え方は当たり前なのかもしれませんが、意外と重要ですよね。
そのため、同じ”借金”という言葉であっても、かなり捉え方が変わってくるでしょう。
現在、返済真っただ中で気持ちのモチベーションが上がらないという人は、この考え方を思い出してみて下さい。
将来的なプラスを得るために、現在行動しているということが分かると、少し頑張れる気がしますよね。

まとめ

今回は、住宅ローンと借金の考え方の違いをご紹介しました。
どうしても借金は印象が良くない物として考えがちですが、実際はそうでもないことがお分かり頂けたかと思います。
特に住まいは、長年利用することになる物ですから、悪い意味での借り入れにはなりません。
近年は、お金や使い方の考え方が変わってきていますので、利用する際は今回の記事を思い出してみて下さい。

2020年1月30日

お役立ち情報 関連記事

これから住まいを選択するなら、ガスにも注目しておこう!

最近の男女関係は意外と対等?~20代のデート事情に迫る~

二世帯住宅リレーローン

二世帯住宅を検討するならば、リレーローンがオススメ!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter