お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

相続放棄で誰の物にもならなかった財産はどうなる?~その後の行方と手続きについて~

2020年1月25日

相続放棄の場合、その後の流れがどうなるのか、みなさんご存知でしょうか?
多くの場合、何かしら相続することが多いので、想像し難い事例ですよね。
ですがそうなった場合、財産を手つかずのまま放置しておくことはできません。
今回は、相続放棄後に発生する財産の動向とその手続きについてご説明しましょう。

相続放棄が決定された場合、家の財産はどこへ行く?

親族全員で相続放棄を決めた場合、受け取る予定であった財産はどこへ行くことになるのでしょうか?
そもそも、誰の物でもない財産を、管理してくれる機関はありませんし、聞いたこともありませんよね。

所有者がいない財産は、”国”の物として扱われるようになります。
引き取ってくれる場所はきちんとありますので、その後の行方に関してはご安心下さい。
具体的には、”相続財産法人”と呼ばれるところで管理されることになりますから、行方が分からなくなるということはありません。
ですので、私たちはしかるべき手続きをきちんと行えばいいだけですので、問題もないですよね。

相続放棄はどこで行い、財産の移動に必要な手続きには何がある?

ところで、相続放棄のような決断をする時は、親族で勝手に財産の手続きを進めていっても大丈夫なのでしょうか?
実は、身内だけで進めることはできません。
なぜなら、必ずある立場になる人を、家庭裁判所から選んでもらうという手続きがあるからです。

その手続きとは、”相続財産管理人”を選ぶことです。
この立場は、放棄後の手続きをすべて行うことになるという、手続き上のキーパーソンになりますので、誰でも手続きが行えるわけではありません。
この立場に選ばれるのは、ほとんどの場合弁護士のような専門家だと思って下さい。
専門の知識がある人に手続きをしてもらうと、的確に物事が進められますから、安心してお願いすることができますよね。

その一方で、これらの手続きには、あまり時間がかからないだろうと思っている人もいるかもしれません。
経験したことがない人からすると、複雑な書類の記入や資料を添付すれば、長くても1か月くらいで何とかなるだろうと思ってしまいますよね。
ですが、意外と時間がかかるのです。

すべての処理が終わるまでに、1年くらいかかったということもありますから、簡単な手続きでないことが分かりますよね。
実際に放棄を選択したとしても、完全に手続きが完了するのには、ある程度の時間がかかるものだと思ってもいいでしょう。

参考URL東京足立相続遺言相談センター
(https://www.adachi-souzoku.com/category/1977248.html)

まとめ

今回は、相続放棄後に発生する財産の行方とその後の手続きについて、ご説明しました。
必要な手続きを終えるまで専門家に依頼するとなると、結構な費用がかかる場合があります。
早い段階で放棄をすることが決まっているならば、依頼の際に必要になる費用等を、親族間で相談してもいいかもしれません。
中には、普段関わりのなかった機関との繋がりが出てきますので、緊張するかもしれませんが落ち着いて対応していきましょう。

2020年1月25日

お役立ち情報 関連記事

育児休業 男性

育児休業中は男性側も協力できる~給付金や注意点とは?~

マクロ経済スライド

マクロ経済スライドってどんな仕組みなのかを知ろう

年金確定申告

該当する場合は要チェック!~年金と確定申告のポイント~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter