お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

障がいがあっても保険に加入できる?

2020年1月23日

住みよい社会の実現には、例えば、知的障がいを持っている人も生きやすい環境を形成していく事が、課題として挙げられるでしょう。
実はその一助として、障害を持つ人たちに向けた保険商品があるのです。
今回は、障がいを持った人向けの保険についてご紹介したいと思います。

障がい者に対応した保険商品の存在

保険商品と聞くと、一般的には健常者を対象にしているイメージが多いですよね。
ですが、社会に存在しているのは、健常者だけではありません。
障がいが理由で、保険への加入ができない、民間の保障が得られないということに、疑問を感じる人もいるでしょう。
何らかの障がいを持っている人に対しての、保険商品があったとしてもおかしくありませんよね。

実は、そのような人を対象にした商品があるのです!
特に一般的な場合とは違い、本人に限らず、親族で心配されているケースが多いと思いますから、商品があるという事実だけでも助かりますよね。
近年は、障がいと言っても、個人によってその特徴が違っていますので、その人に合った細やかなサポートが求められるでしょう。

障がい者に対応した保険の内容とは?

それでは、障がい者に対応した保険の内容には、どのようなものがあるのでしょうか?
今回は一例として、自閉症や知的障害がある人向けの商品をご紹介します。
一般の内容と同様の保障内容には、入院や通院をする際の保障が挙げられるでしょう。
また、他人に怪我をさせてしまった場合の賠償責任の保障がある商品もありますから、外出時の時でも安心できますよね。

一般の保険との違いとしては、就業時への保障が設けられている保険があることになるでしょう。
どのような立場の人であっても、私たちと同じように、社会の中で仕事をすることがありますよね。
できる内容は違っていても、社会の一部を支えてくれています。

ですが、親族が仕事中までサポートできるかというと、そこまではフォローできませんよね。
例えば、仕事中に会社の備品を壊してしまったとなっても、保険に加入しているのとそうでないのでは、その後の対応も違ってくるでしょう。
金銭的な面での手助けをしてくれる存在になりますから、家族にとっても様々な負担を軽くすることができます。

年齢に関係なく加入できる商品もありますから、本人や家族のサポートとして加入を検討してみても良いかもしれませんね。

参考URL株式会社ジェイアイシー
(https://www.jicgroup.co.jp/personal/support/)

まとめ

今回は、障がいを持つ人向けの保険についてご紹介しました。
障がい者に対して、近年はサポートを行う体制や仕組みが整えられてきていますが、まだまだ足りないという実情もあります。
特に、本人が困るだけでなく、その家族も様々な悩みを抱えていることが多いですから、利用できるサポートは活用しましょう。
今回ご紹介した保険も、安心を得るためのサポートの一つになりますから、未加入の場合は検討してみても良いですね。

2020年1月23日

お役立ち情報 関連記事

おせち 費用

みなさんのご家庭はいかがですか?~お正月のおせちの費用~

認知症保険

認知症に対応した保険があるって本当?

口座維持手数料

気になる最新の話題~口座維持手数料ってそもそも必要?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter