お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

これからFXを始める人、必見!~イベント期間の取引について~

2020年1月17日

クリスマスやお正月等、日本には年末年始にかけてたくさんのイベントがありますよね。
みなさんの中にも、この期間をどう過ごそうかと考えている人が多いでしょう。
そんな中、FX取引に力を注ぎたい人もいるかと思います。
実は、年末年始にかけての時期、取引時間が変則的になるのですが、それは何故なのでしょうか?

FXの市場の特殊性~イベント期間の取引は時間変更アリ~

投資を行う場合、取引ができる時間は限定されていますよね。
このことは、ほとんどの方がご存知の事実だと思います。
ですが、FXの場合は、イベントがある時期は取引時間に変更がなされるということを知っていますか?

取引時間の変更がなされる期間は、基本的にクリスマスの期間やお正月の期間になります。
日本人の感覚だと、お正月は別としても、クリスマスの日程が平日ならば、市場を動かしていても問題ないと思ってしまいますよね。
このことを知らずに、日本人の感覚で取引に臨もうとすると、すでにその日の取引時間が終了していたということにもなり兼ねません。
意気込んで取り組もうとしている人にとっては、拍子抜けしてしまうでしょう。

ですので、年末にかけての時期に取引を行う場合は、利用している証券会社の取引時間を確認してから、利用するようにして下さい。
会社ごとに、休みの日にしていたり、短時間しか行っていなかったりしますので、統一したルールが設けられていないのが現状です。

なぜ、イベント期間中はFXの取引時間に変化が生じるのか?

ところで、なぜクリスマスのようなイベント時に、FXの市場の取引時間が変更されるのでしょうか?
その答えは、FXの市場の中心地が関係しています。
現在、市場は様々な国で行われていますが、その中心は欧米になりますよね。
欧米の人からすると、クリスマスの時期は、日本人以上に大切なイベント期間になることが想像できるでしょう。

そのため、市場の運営に関しても、その期間だけは、変則的な時間で運営されることになるのです。
文化的な背景があって、取引時間が変更になるという理由は、誰でも納得できますよね。
ある意味では、世界がメインとなる内容だからこその特徴だとも言えるでしょう。

その一方で、変則的な日程になりますから、本来するはずだった取引ができなかったという場合も出てくるかもしれません。
その結果、利益が得られないという状態になってしまうのだけは、絶対に避けるようにしたいですね。

参考URLザイFX!
(https://zai.diamond.jp/articles/-/331950)

まとめ

今回は、イベント期間中のFX取引についてご説明しました。
グローバルな環境で仕事をしている人ならば、海外のイベント文化で仕事が左右されることは珍しくないかもしれません。
日本に住んでいると、イベント関連で仕事の時間が変則的になるのは、あまり馴染みのない風潮ですよね。
海外に関連する投資を行っている場合は、海外のイベントにも注目して、取引を行えるようにしましょう。

2020年1月17日

お役立ち情報 関連記事

資産形成に積極的な国~アメリカの教育事情を解説~

新型NISAになると何が変わるの?~2024年からの変更点~

資産運用”基調判断“

資産運用に慣れたら知っておきたい”基調判断“とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter