お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

資産運用の将来はどうなる?~日本経済の現状から考える~

2019年12月22日

資産運用を始める場合、まずはどの商品を選ぶのかを決めますよね。
その際、商品の特徴やどのくらいの利益が出るのかと同じくらい重要視して欲しいのが、日本と世界の経済状況です。
では、経済状況という観点から見た時、資産運用将来はどのように映るのでしょうか?
一緒に考えていきましょう。

資産運用の将来性は経済にも関係する

ところで、みなさんは現在の日本の状況をどのように感じていますか?
具体的に言うと、景気は良いと感じられるでしょうか?
この答えは、人によって違いがあるかもしれませんね。
一般的な見方では、東京オリンピックの開催もあることから、プラスになっている業界がある反面、そうでないところもあるでしょう。

また、直近の数年だけでなく、その先の10年、20年を想像してみて下さい。
長期的な期間で考えてみると、あまり状況は良いとは言えないかもしれません。
このような感じ方は、資産運用にも影響してきます。
例えば、国内の投資商品を運用するとなると、どうしても経済状態の良し悪しに左右されることになりますよね。

そのため、理論上は利益が見込めそうな商品であっても、動きが全く見られないということもあるでしょう。
ですので、商品自体の特徴や運用のしやすさを考えるのは大切ですが、資産運用中の経済状態の良し悪しも将来の結果に出てきてしまうことを知っておいて下さい。

資産運用で将来性のありそうな商品とは?

資産運用にも、少なからず経済が関係しているとなると、将来的に見てプラスになりそうな商品があるならば知っておきたいですよね。
また、様々な商品を運用しながら、リスクをより分散させたいと考える人もいるかもしれません。
1つの可能性のある商品としては、海外の商品や投資先に注目してみることをオススメします。

海外の商品と言えば、例えばオフショア投資や海外投資信託が挙げられるでしょう。
それ以外でも、日本で運用できる商品がありますよね。
近年は、日本の経済よりも、海外で急成長を遂げている国が多数あり、日本以上の発展が見られることもあります。
このような状況を見ると、経済的な状態が良い国では、運用した時にプラスになりやすいという理由に頷けるかもしれません。

もちろん、海外特有のリスクも存在しますから注意は必要ですが、様々な商品にチャレンジしてみるのは悪いことではありませんよね。
資産運用に関する視野は、常に広げていた方が良いでしょう。

参考URLファイナンシャルフィールド
(https://financial-field.com/assets/2019/11/15/entry-62555)

まとめ

今回は、資産運用将来についてご説明しました。
資産運用の世界でも、近年は国内の商品よりも海外の商品に注目をし始めている人が増えてきています。
その背景には、日本経済の行き詰まりの現状を、すでに感じているのかもしれません。
長期的に運用をした時に、利益を確実に得たいと考えている人こそ、国を問わず幅広く商品を吟味しても良いのかもしれませんね。

2019年12月22日

お役立ち情報 関連記事

資産形成に積極的な国~アメリカの教育事情を解説~

新型NISAになると何が変わるの?~2024年からの変更点~

資産運用”基調判断“

資産運用に慣れたら知っておきたい”基調判断“とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter