お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

始めている人の多いノーロード投資信託とは何かを解説します

2019年12月13日

資産運用のメジャーな商品として、投資信託を勧められることが多くなってきましたよね。
その中でも、ひときわ目立った商品が登場しているのを、聞いたことはありませんか?
特に、あまり資産運用にお金はかけられないと思っている人には、朗報の商品かもしれません。
それは、ノーロード投資信託と呼ばれる商品です。

ここが違う!~ノーロード投資信託は一般的な投資信託にある部分がない~

通常の投資信託とは異なり、”ノーロード投資信託“と呼ばれるのには、何か理由があるのでしょうか?
それはずばり、販売手数料の支払いがないことに由来しています。
高額な資金がなくても始めやすいのが投資信託の魅力ではありますが、必ず商品を購入した際には手数料が取られますよね。

その他にも、運用に関わる手数料が取られますから、すべてを合わせるとそれなりの金額になってしまうケースもあるでしょう。
そうなると、手数料が引かれた残りの金額で運用をする形になりますから、そもそも運用にかけられるお金が減ってしまいますよね。
資金に差し引きがなく、全額を運用に回すことができることから、よりプラスになる可能性があると言えるでしょう。

そして、この商品はつみたてNISAでも利用することができますから、より確実に資産を増やせる可能性があるかもしれません。
どんなに手数料が少額であっても、積もり積もればそれなりの金額になってしまいます。
ですので、販売手数料が無料になるのは、運用を考える上では嬉しいポイントになりますよね。

なぜノーロード投資信託では販売手数料が無料にできるの?

ここで、なぜ販売手数料を無料にできるのか、疑問に感じる人もいるでしょう。
プロに依頼するとなると、運用を任せることになりますから、手数料は必要なお金だと思ってしまいますよね。
しかし、ノーロード投資信託には、近年のちょっとした投資商品の販売事情が関係しています。

近年は、インターネット上で自分の好きな投資商品を選ぶという方法を選択する人が増えてきました。
インターネット上で手続きをする場合は、わざわざ専門の窓口に行って、アドバイスや手続きをすることがなくなりますよね。
そのため、手続きに関する人件費の削減に繋がると言っても過言ではありません。

その結果、従来だとかかるはずの手数料が浮くため、その金額分を運用に回すことができるようになったのです。
ある程度、資産運用の知識がある人にとっては、手持ちの資金を十分に生かせますし、手続きも簡単で利用しやすいかもしれませんね。

まとめ

今回は、ノーロード投資信託について解説しました。
これは、販売手数料が無料になる投資信託のことを示し、主にインターネット上で購入する形になります。
ですから、その分の手数料が発生しなくなったのです。
特にネット証券では、様々な取り扱いがなされていますので、次世代型の投資信託の形と言えるのかもしれませんね。

2019年12月13日

お役立ち情報 関連記事

資産形成に積極的な国~アメリカの教育事情を解説~

新型NISAになると何が変わるの?~2024年からの変更点~

資産運用”基調判断“

資産運用に慣れたら知っておきたい”基調判断“とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter