お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

老後の住まいはどうする?~リフォームか、高齢者施設か~

2019年9月27日

住まいは死ぬまで利用することになる、重要な場所と言えるでしょう。
しかし老後になると、家族みんなで暮らしていたこれまでの住まいに、使い勝手の悪さを覚える人も出てきます。
そこで、自宅をリフォームして住みやすいようにするか、高齢者施設に住み替えをするか、迷いますよね。
果たして、どちらが良いのでしょうか?

老後は現在の住まいをリフォームして住み続ける場合

みなさんは、現在の住まいに何か思い入れはあるでしょうか?
自分たちの大きな資産であることはもちろん、コツコツとローンを支払ってきたという思い入れもありますよね。
中には、人生が終わるその時まで、自宅で過ごしたいという人もいるでしょう。

しかし、体の衰えとともに、住まいの住みやすさの状況は変わってきます。
例えば、昔は階段の上り下りに苦労しなくても、年を取るとスムーズな行動が難しくなってきますよね。
そのため、老後でも現在の住まいに長く住み続けたいと思っている人は、住みやすくなるようにリフォームをした方が良いでしょう。

住宅は、年月が経つと外観だけではなく、内側の部分も当然劣化してきます。
リフォームをすることは、住みやすい環境を整えるだけではなく、長年の劣化を補修することにも繋がります。
これは、本人だけではなく、その後を継ぐ家族にとっても有難い話になりますよね。

今の住まいに長く住み続けたい場合は、リフォームすることで住みやすさや安心を買うことができるのです。

老後は高齢者施設に住まいを住み替えする場合

高齢者の悩みは、体の自由がきかなくなるだけではありません。
重い病気でなくとも、何かしらの体調不良を抱えている人は多いですよね。
健康面で不安を感じている人は、通院やもしもの時にどうしようかと心配するでしょう。

そのような人は、老後住まいを現在の場所ではなく、老人ホーム等の高齢者施設に住み替えをするという選択もアリです。
特に、一人で自宅に住んでいる場合は、何かあった時にすぐに助けてくれる人がいるとは限りませんよね。
一方、高齢者施設では必ず誰かが在中していますので安心できますし、他の入居者と交流しながら、楽しく過ごすことができるでしょう。

従って、将来1人で住むことや健康面で不安を感じる人は、住み替えを検討することもより良い生活をする上では重要です。

まとめ

今回は、老後住まいについて、どのような選択があるのかをご説明しました。
どのような住まいで生きるのか、これは余生において重要なポイントになりますよね。
現在の住宅をリフォームして住み続けるのか、高齢者施設に住み替えをするのか、今からよく考えておきたいものです。
現在の住まいを大事にしたい場合はリフォーム、人の助けや交流があった方が良いと考える場合は高齢者施設への住み替えを検討しても良いでしょう。

2019年9月27日

お役立ち情報 関連記事

転職 年金

転職時につい見落としがちな、年金の支払いについて

成年後見人 お金

成年後見人の仕組みとは?~選ばれた時にまつわるお金の話~

高額療養費制度

高額療養費制度を活用する時に知っておきたいポイントとは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter