お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

結婚をきっかけに考えたい~お墓の管理や今後について~

2019年9月26日

結婚すると、親族を交え、今までより多くの人と繋がりができるようになります。
結婚をきっかけにお墓をどうするのか、考える人も多いでしょう。
そのまま誰かが管理し続けるのか、墓じまいをするのか、その選択肢について、いつかは決断しなくてはなりません。
そんな悩ましいテーマだからこそ、早いうちに考えてみませんか?

結婚をきっかけにお墓の必要性を考えてみよう

みなさんの家にも、代々続いているお墓があるでしょう。
結婚をきっかけに、女性の場合は特に、どこのお墓へ入るのか考え始める時期が訪れます。
旦那さんの家のお墓になるのか、自分の家の墓を希望したいのか、考え方は多様でしょう。

このような話題は、すぐに答えが出るわけではありませんので、じっくりと考えるべきです。
一方で、誰がお墓の管理をするのかどうかは、ある程度早いうちに意見を求めておいた方が良いでしょう。
例えば、結婚を機に遠方に住むことになった場合は、親族の誰かが必ずお墓の管理をしなければなりませんよね。
誰が管理をするのかについては、なんとなく後回しにされがちな問題ですが、決めておかなければ、いずれ誰も管理しなくなってしまうでしょう。

管理者を決めておくと、何かあった時の手助けができますし、管理まではいかなくても金銭的に援助する等、親族間での役割分担がしやすくなります。
旦那さんや奥さんそれぞれの実家で、どのような話になっているのかは、どこかのタイミングで聞いておきたいですね。

結婚後の状況によっては、お墓を維持するかどうかも重要な話題に

みなさんの中には、親族のほとんどが遠方に住んでしまっていて、管理をする人が誰もいないという人もいるでしょう。
このような状況は、近年増えてきています。
そのため、結婚後の周囲の状況によっては、誰も頼ることができず、お墓自体をどうしようかと困ってしまい人もいますよね。

ですので、親族間の状況によっては、墓じまいを検討することも1つの方法になります。
お墓は、年1回でも管理をする人がいなければ、どんどん汚れていってしまいますよね。
中には、お墓を大事にしていないと考える人もいるでしょうか、時代は変わってきていますので、大事にする方法は1つではありません。

従来の形以外にも、より大切にしてあげられる方法はたくさんあるのです。
もちろん、墓じまいをする際は費用がかかりますので、必要かどうかは親族としっかり検討すべきでしょう。

まとめ

今回は、結婚をきっかけに考えたい、お墓の管理についてご説明しました。
お墓は必ず管理が必要になりますので、誰が中心となってその役目を担うのか、今後どうするのか等、遺族できちんと話し合っておきたいものです。
話がある程度まとまっていると、何かあった時に協力しやすいですよね。
お墓の今後について話し合えたなら、どの選択肢をとっても先祖を大切にする新しい形になりますので、曖昧にせず向き合ってみてくださいね。

2019年9月26日

お役立ち情報 関連記事

住宅ローン 対処法

住宅ローン返済中に不測の事態が生じたら~対処法とやってはいけないこと~

住宅ローン 審査

住宅ローンは名義も大事~これでは審査が通らない?~

今、UR賃貸住宅が選ばれている!~人気のポイントを知ろう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter