お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

老後の資産運用の成功は、手持ちのお金の分類法で決まる!

2019年9月16日

老後資産運用を始める人向けの記事には、よく「余剰分のお金でやるべし」という内容がありますよね。
しかし余剰分のお金といっても、それをどうやって見出すのか、ピンと来ない人も多いでしょう。
実は、お金を分ける考え方というのはとても簡単なのです。
それは一体、どのようなマインドなのでしょうか。

老後のお金を資産運用に回す前にすること

みなさんの中には、そもそも毎日の生活を維持していくだけで大変だという人もいますよね。
ですので、老後にゆっくりと資産運用を始めようとしても、その時になってから運用するためのお金が残っていないということもあるかもしれません。
少しでも始めたいと思っている人は、以下の用途に応じてお金を分けて見て下さい。

①日常等で使用するためのお金
②使用の目的が特に決まっていないお金
③いざという時のためにキープしておくお金

以上の3種類に、まずは分類してみましょう。
もし、②の項目のお金があった場合は、運用のチャンスです!
②のお金は、多くの記事で言われている「余剰分のお金」を指していますので、安心して運用に回せるお金になりますよね。

資金面でお悩みの人は、一度計算してみてはいかがでしょうか?
大雑把に計算するだけでも、現状を知ることができ、どこまでなら運用ができるのか相談もしやすいでしょう。

老後へのお金の分類に関する考え方は、資産運用で重要なの?

先程は、主に3つのお金の分類の考え方をご紹介しました。
この考え方は、大まかな分類ではありますが、みなさんにとって計算がしやすいですよね。
実は、分類の考え方のメリットは、計算がしやすいだけではありません。

例え、老後であっても、お金の流れを把握することは、資産運用が成功するための近道になるのです。
お金の動きを知らない人は、どのような方法でやり繰りしたとしても、成功した例は意外と少ないですよね。
その一方で、堅実に流れを分析しながら進めている人は、時間がかかっても成功していることが多いでしょう。

特に、老後は働き盛りの時と比べると、収入が少なくなってきますので、よりお金にはシビアになってしまいますよね。
お金の面で不安にならないためには、現状をしっかりと知っておくことが大切なのです。
不安要素を取り除き、安心するといった意味でも、分類の考え方は重要になるでしょう。

まとめ

老後資産運用の鍵となるお金の分類とは何か、ご理解頂けたでしょうか?
これは現状の資産を把握し、生活に影響の出ない範囲で運用を進めるために重要な考え方となります。
お金の現状を知らない人は、運用をしても失敗しやすいでしょう。
分類の考え方は、何もしないで相談しに行くより、もっと具体的な話ができるきっかけになりますので、絶対に失敗したくない人はやってみて下さいね。

2019年9月16日

お役立ち情報 関連記事

レバレッジ投資信託

レバレッジ投資信託って何?~レバレッジの意味を学ぼう~

劣後債 運用

一般人でも劣後債は購入できるの?~運用向きのタイプは?~

投資 為替ヘッジ

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter