お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

子どもがいるからこそ、家財保険について考えて欲しい

2019年9月18日

お子さんのいる家庭では、子ども向けの保険に加入していることが多いでしょう。
今まで、病気やちょっとした怪我で金銭的に助かった、という人もいるのではないでしょうか?
その上で、子どもがいる場合は、家財保険にも注目してみましょう。
今回は、最近の家財保険についている補償内容について、ご紹介したいと思います。

子どものいる家庭だからこそ、家財保険は意外と重要

小さな子どものいる家庭の日常というのは、毎日忙しいものです。
子どもは、大人が家事をしている最中であっても待ってはくれませんので、常に動き回っているでしょう。
元気なのは良い反面、親としては悩ましい部分も、実際ありますよね。

例えば、子どもが壁に落書きをして取れなくなったり、ぶつかった拍子で家具が壊れてしまったりということがあり得ます。
特に、家具・家電が壊れてしまった場合、新しい物を購入するには出費が痛い時もあるでしょう。
近年は、パソコン1台を購入するにも、10万円近くかかりますので、家計的には結構なダメージになりますよね。

みなさんは、子どもが家具・家電を壊してしまった場合、家財保険でも対応できることをご存知でしたでしょうか?
対応できる物は、補償内容によって違いますが、このような場面でも利用できることはあまり知られていませんよね。
そのため、壊されると大変な家具や家電が自宅にある場合は、保険に加入しておくと助かる場面が多いかもしれません。

子どものいる家庭は、家財保険の内容も視野に入れて保険選びをしよう

家財保険は、基本的にみなさんが加入している「火災保険」の中に含まれています。
前半では、保険が災害だけでなく、子どもが原因で壊れてしまったものにも対応できるとご説明してきました。
多少でも補償があるならば、金銭面において安心できるでしょう。

しかし、すべての火災保険が対象にしている訳ではありません。
最近では、補償内容も細かくなり、多様なケースに対応できるところが増えてきました。
今加入している火災保険の内容が、上記のように充実しているとは言い切れませんから、子どものいる家庭では、今一度家財保険の内容を見直してみて下さい。

もしも、今回ご紹介した補償内容に魅力を感じたならば、保険を変えてみるのも良いかもしれません。
みなさんに合った保険探しの1つのポイントとして、検討してみて下さいね。

まとめ

今回は、子どものいる家庭向けに、最近の家財保険の内容をご紹介しました。
一般的に、家財保険は災害時の破損等に対応すると思われがちですが、商品によっては子どもが原因の破損にも対応しています。
貴重な家具や家電がある場合は、もしもの時に備えて加入しておくと、家計的にも安心できますよね。
近年は、火災保険の内容も充実してきていますので、検討する時は複数の商品を見比べてみて下さい。

2019年9月18日

お役立ち情報 関連記事

共済 保険

似ているようでちょっと違う?~共済と保険の違い~

農業 副業

農業に興味がある人にオススメしたい副業をご紹介!

返戻金 税金

損しないために知りたい~返戻金でも税金が違うのはなぜ?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter