お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

一般人でも劣後債は購入できるの?~運用向きのタイプは?~

2019年9月6日

投資のベテランの方でも、今まで劣後債を運用したことがある人は少ないかと思います。
他の商品と違い、どのような特徴があるのか、やりやすいのか等、不明な点が多いですよね。
商品を選ぶ時は、自らしっかり管理できるどうかが重要になるでしょう。
こうした点について、劣後債の場合はどうなのでしょうか?

元々劣後債は、特定の人向けの運用商品だったが…

今でこそ、劣後債という商品が広く知られるようになりましたが、昔から取り扱いのある商品だったかというと、そうではありません。
実は一昔前まで、特定の人向けの商品という位置づけで取り扱いされていたのです。
その、特定の人とは一体、どのような人たちなのか想像できますか?

それは、金銭的に余裕のある人や投資専門の企業になります。
劣後債は、私たちでさえ仕組みを理解していないと運用が難しいので、もともと選ばれた人たちのものであるということは、想像に難くないでしょう。

このような人たちは、投資専門の情報を誰よりも早く手に入れることができるのです。
そのため、運用する場合は、購入しても問題ない会社かどうか、経営が危ない場合はどうするのか、その判断がしやすいと言えます。
当時、一般人の運用が難しい背景には、投資の情報源が大きく関係していたのです。

しかし、販売先が固定されていたのは昔の話で、現在は誰でも購入することができます。
その背景としては、時代の変化に伴い、多様な商品が登場し、知識を兼ね備えた専門のアドバイザーが増えてきたことに起因するでしょう。

私たちも、信頼できるアドバイザーがいると、試してみようかなと思ってしまいますよね。

最近劣後債の運用が勧められている人には、どのような特徴があるの?

劣後債を運用している人は、基本的に他の投資と分散しながら行っていることが多いです。
債権の特徴から単独で運用するのには、得られる利益やリスク面から考えても、難しい商品であることは分かりますよね。

そのため、基本的には他の投資と組み合わせて運用するという形で行うことがほとんどでしょう。
すでに分散投資をしている人は、リスク回避の土台ができているため、勧められることがあります。

また、現在米ドル建ての運用をしている、これからしようとしている人に勧められている傾向があります。
その理由には、両者の運用の仕組みが似ていることが挙げられるでしょう。
どちらも、上手く運用できるならば、大きな利益を手に入れられることができる商品になりますよね。
そのため、大きな投資に慣れている人にとっては、運用がしやすいと言えるかもしれません。

まとめ

今回は、劣後債の運用の実際についてご紹介しました。
そもそも劣後債は、昔はお金の運用に慣れていた一部の人しか取り扱うことができず、一般人向けの投資商品としては、あまり取り沙汰されませんでした。
しかし今や、多様な商品や運用方法の登場により、一般人でも資産運用の選択肢の1つとして勧められるようになったのです。
特に、米ドル建ての運用に慣れている人は、他と比べると運用がしやすいかもしれませんね。

2019年9月6日

お役立ち情報 関連記事

レバレッジ投資信託 注意

レバレッジ投資信託について考える~注意点はココ!~

iDeCo iDeCo

新しいiDeCoの仕組みが登場!~iDeCo+の気になる内容とは?~

ドルコスト平均法

投資商品の運用のカギとなる”ドルコスト平均法”とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter