お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

住宅取得等資金における特例について確認しておこう

2019年8月31日

家を購入する時に、自分の親から援助してもらったという人はいませんか?
これは、あくまでもらったお金になりますので、ほとんどの場合は贈与税の対象になりますよね。
しかし、ある条件を満たすと、非課税になることを知っているでしょうか?
今回は、住宅取得等資金には特例が設けられていることを解説したいと思います。

住宅取得等資金に設けられている特例とは?

家を購入する際のお金は、住宅取得等資金と呼ばれますが、親からその資金をもらった時にはある特例があることを知っているでしょうか?
特例の内容は、ある一定額の金額の場合は、非課税の対象になるということです。

税金がかかることは、仕方ないことですよね。
しかし、受け取る金額が多いと、贈与税の金額も高くなってきます。
みなさんの中には、家を購入する時にもお金がかかるのに、税金まで取られるのはちょっとと思う人もいますよね。
そのような人は、この特例を利用してみると良いでしょう。

申請をする時は、細かい条件をクリアする必要があります。
条件は意外と細かいですので、申請しても問題ないか丁寧に確認して下さい。

住宅取得等資金の特例が受けられるのはどのような条件の人?

住宅取得等資金を受け取った際に、特例を申請できるのは、次の条件に当てはまる人になります。
基本的には、簡単に言うと自分の親や祖父母からお金を受け取った場合になりますよね。
しかし、「親」の対象はどこまでになるのでしょうか?
例えば、結婚している場合、相手の親から受け取った金額は、この条件に含まれませんので注意しましょう。

また、みなさんが一番気になるのは、どのくらいの金額までが対象になるのかですよね。
これから消費税が10%になった場合は、一般的な住宅は2500万円まで、省エネ住宅は3000万円までになります。
住宅の種類によって、対象となる金額の上限が変化しますので、どのような住宅にするのかもポイントになるでしょう。

住宅は大きな買い物ですので、資金的な援助があると心強いですよね。
このような特例は知らないと、税金の面で損をしてしまいますが、知っていると話は違うでしょう。

気をつけて欲しいのは、前述した通り、条件が細かい点にあります。
住宅の基準や、土地の取得の条件等、非課税にするためには手続きで苦労しなければならないこともあるでしょう。
しかし、特例は申請するとお得ですので、時間がかかっても利用した方が良いかもしれません。

参考URL国税庁
(https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/sozoku/4508.htm)

まとめ

今回は、住宅取得等資金にある特例について解説しました。
これは、自分の親や祖父母から、住宅を購入するための資金をもらった場合に利用できる制度になります。
一般的な住宅に関する制度と比較すると、条件は細かいですので、しっかりと確認しながら手続きをして下さい。
特例を利用できる場合は、受け取った資金が非課税になりますので、みなさんの税金の負担も軽くなるでしょう。

2019年8月31日

お役立ち情報 関連記事

年の差 年金 

年の差のある夫婦の抱える事情~年金の注意点とは?~

ハザードマップ マイホーム

費用だけでなくハザードマップも参考に~マイホームを選びのポイントはここにもあった!~

連帯保証人 連帯債務者

似ている用語を確認しよう!~連帯保証人と連帯債務者~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter