お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

将来の自分のためにエンディングノートを書いてみよう

2019年8月23日

今後先々のことを考えると、遺言書を用意した方がいいと判断する人は多いはず。
「遺言書のような堅苦しい形式ではまだ内容をまとめきれない…」という人も多いでしょうが、早い段階で、ある程度自分の意思を書き留めておくことは大切です。
そのような人は、エンディングノートを書いてみてはどうでしょうか?

エンディングノートはどのような物なの?

みなさんは一時期、エンディングノートが話題になったことを覚えているでしょうか?
これは、自分の人生や将来のこと、財産がどのくらいあるのか等をまとめていくノートになります。
遺言書のように、内容は堅苦しく書く必要はありませんので、日記を書くようなイメージだと思っても良いでしょう。

作成しているほとんどの人には、ある共通点があります。
それは、自分が死んだ後の相続で揉めることがないようにしたいという、家族に対する思いやりの気持ちになります。
自分の財産や何かあった時に頼れる人の存在を残しておくと、家族もいざという時に助かりますよね。

エンディングノートは、一度書いた内容をいつでも変更できますので、状況に合わせて残す内容を選ぶことができます。
自由に書き換えができるのは、状況に応じて、よりしっかりとした意思を残したい場合に向いていますよね。
これは、遺言書と比べるとハードルが低く、思っていることを素直に書きやすいと思う人もいるかもしれません。

相続のトラブル回避以外にも役立つエンディングノート

エンディングノートは、相続を上手く進めたいという人にとって、有効活用できるツールです。
しかし、エンディングノートは相続以外にも役立ちます。
それは、自分の今までの生き方を振り返ることで、今後どのように生きたいのかを考えるきっかけになることでしょう。

最近では、自分の人生をどのように生きるのか、ということが注目されるようになってきました。
人によって、何が人生で大切なのかは違いますし、それを知っておくとより人生が充実してきますよね。
このことは、人生における後悔を少なくすることにもなります。
そのため、年齢に関わらず、自分の人生を見つめ直すことは、当たり前になってきていると言えるでしょう。

自分の思いをまとめるのは、決して悪いことではありません。
これは、日記を書くことが苦手な人でも自由に書けますので、相続のためではなくとも、書くことをオススメします。

まとめ

今回は、エンディングノートについてご紹介しました。
このノートには、自分の人生を振り返る内容だけではなく、死んだ後の対応や財産について書き留めておくことができます。
これまでの生い立ちを書くことは、みなさん自身が本当にやりたかったこと、大切にしたいことを思い出させてくれます。
堅苦しい遺言を書くよりも気軽にできる分、誰でも簡単に書くことができるでしょう。

2019年8月23日

お役立ち情報 関連記事

死亡保障 

死亡保障は男性だけではなく、女性にとっても重要な内容!

高等学校等就学支援金

勉強を諦めてしまう前に、高等学校等就学支援金の申請を!

加給年金

見落としがちな加給年金について、その仕組みを学ぼう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter