お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

2019年8月18日

海外資産の投資には、利益の確定が難しいという特徴がありますよね。
それは、日本円に替えた時に、外貨で得られた利益が少なくなってしまうことです。
このような状態を防ぐために、みなさんが事前にできることはないのでしょうか?
今回は、海外投資を始める前に為替ヘッジをつけるべきかどうかについてお話しします。

そもそも海外投資における為替ヘッジの役割とは?

近年、投資信託には数多くの商品が登場していますよね。
その中で海外の投資商品を取り扱う人は、始める前に為替ヘッジをしておくべきかどうかを考える必要があります。
まずは、どのような仕組みなのかをご説明しましょう。

これは、為替の変動の影響によって、投資の利益の交換時に利益が少なくなってしまうことを防ぐための仕組みになります。
海外への投資で注意すべき点には、日本円に対象となる外貨を換金した時に、金額に差が出てしまうことが挙げられるでしょう。
基本的には、為替ルートで判断できますが、これは常に一定ではありませんよね。

一見、外貨では利益が出ているようでも、円安や円高の状況次第では受け取り時の利益が少なくなってしまう場合があります。
せっかく利益が出せても、換金時の金額が少ないとちょっとがっかりしますよね。
この問題は、自力で解決することはできません。

そのため、交換レートの影響で利益が少なくなることを防ぎたい場合は、是非為替ヘッジをつけることをオススメします!

海外投資を始める前に為替ヘッジは必ずつけておくべき?

海外資産に投資をする時は、換金時の利益を十分に得るためにも、為替ヘッジはつけた方が良いと言えます。
その一方で、為替ヘッジをつけず、そのままで投資を始めるとどうなるのでしょうか?

実は、ある人たちはそのままでも問題がなく、進めていけるのです。
それは、投資が得意だったり慣れていたりする人は、相場の仕組みを理解し、これからの動きを予測して運用していきますよね。
このような人たちは、換金時における利益の減少を踏まえた上で、利益の計算や運用を行っていきます。
そのため、ベテランの方や戦略的に運用をしたいと考えている方にとっては、かえって為替ヘッジをつけない方が良いかもしれません。

従って、この仕組みは初心者なら必ずつけるべきですし、ベテランの方は自身の投資の状況に応じてはつけるべきだと言えるでしょう。
特に、些細なリスクであっても避けたい人は、つけておくことがベストです。

まとめ

今回は、海外投資をする際の為替ヘッジについてお話ししました。
これは、交換レートによる利益の減少を防ぐために設けるもので、みなさんの判断でつけるかどうかを決めることができます。
海外投資に慣れていないような人は、是非つけておきましょう。
投資商品によっては、為替ヘッジの度合いが調整できる場合もありますので、みなさん自身が運用しやすい商品を探すと良いですね。

2019年8月18日

お役立ち情報 関連記事

レバレッジ投資信託 注意

レバレッジ投資信託について考える~注意点はココ!~

iDeCo iDeCo

新しいiDeCoの仕組みが登場!~iDeCo+の気になる内容とは?~

ドルコスト平均法

投資商品の運用のカギとなる”ドルコスト平均法”とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter