お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

離婚後にひとり親が利用できる制度を知っておこう!

2019年8月16日

離婚をしたくても躊躇している人の悩みには金銭的な内容が圧倒的に多く、現状維持に留めておいている人もいるはずです。
離婚をしても、その後の生活が落ち着くまで苦労される人も多いでしょう。
さらにお子さんがいる場合、尚更大変ですよね。
ここでは、離婚後に活用できるひとり親のための制度についてご説明していきます。

離婚後の住まいで困っているひとり親への制度

まず、離婚した時にひとり親が直面する問題は、自分たちが住む場所を探すことです。
中には、今まで住んでいた場所にそのまま住む人もいますが、そうではない人もいますよね。
特に子どもがいる場合は、学校等、子どもの環境を考えなければいけない時もあるでしょう。

離婚後の住まいに困った時は、自治体で扱っている制度の1つ、公営住宅への入居を考えてみましょう。
住宅の空き状況等に左右はされますが、ひとり親にとっては金銭面以外のメリットがあるのです。
それは、ひとり親だと優先的に入居がしやすくなることです。

ひとり親の場合は、金銭的な不安を抱えている人が多いため、入居に対する優先度が高めになりやすいのです。
そのため、住まいで困ってしまった人は、自治体に相談して、部屋の空きがないかを確認してみて下さい。
住まいの不安がなくなると、次の行動がしやすくなりますよね。

離婚後に病院を利用した時に心強い制度

次にご紹介するのは、離婚後に子どもや親が病院のお世話になった際に利用できる制度になります。
病院に行って適切な処置を受けることは大切ですが、離婚後しばらくは金銭的な負担から苦しいという時もありますよね。
そのような人には、とっておきの制度があります。

「ひとり親家庭等医療費助成制度」は、申請をすると、医療費で支払った金額の一部を助成してくれる制度になります。
これは、お住まいの自治体でも取り扱っている制度ですので、一度自治体のホームページをご覧になってみて下さい。

ひとり親の中には、お金がないから病院に行くことができない、という人もいますよね。
そのような人にとっては、この制度を利用すると、病気の心配が少なくなりますし、金銭的にも助かりますよね。

制度を利用するためには、所得制限や健康保険に加入していること等の条件が必須になります。
条件に合う場合は、もしもの時に役立ちますので、申請をしておいて損はありませんよね。
何より、子どものことを考えると安心できますし、心強い制度だと言えるでしょう。

参考URL江戸川区役所
(https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e049/kosodate/kosodate/teateshien/shisaku/iryohijose.html)

まとめ

今回は、離婚後にひとり親が知っておいた方が良い制度を2つ、ご紹介しました。
1つ目は、住まいに困った時は、公営住宅を申し込むことです。
2つ目は、お住まいの地域の医療費助成を申請し、かかる費用を軽減することです。
離婚後は何かと不安なことが多いと思いますので、利用できる制度は活用し、安心を得るようにしましょう。

2019年8月16日

お役立ち情報 関連記事

死亡保障 

死亡保障は男性だけではなく、女性にとっても重要な内容!

高等学校等就学支援金

勉強を諦めてしまう前に、高等学校等就学支援金の申請を!

加給年金

見落としがちな加給年金について、その仕組みを学ぼう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter