お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

最近の子どものお小遣い事情について

2019年8月10日

子どもお小遣いを渡しているご家庭も少なくないと思います。
その金額は各ご家庭によって異なりますが、一般的にどのくらい渡しているのか気になりませんか?
子どもの世界では、意外にも話題になっているのです。
今回は、子どもに渡している平均的なお小遣いの金額やその頻度をご紹介しましょう。

子どもはどのくらいお小遣いをもらっているの?~その平均額は?~

多くの親御さんが気になるのは、他の家庭では子どもにどのくらいのお小遣いを渡しているか、ということではありませんか?
子ども同士の話を聞く機会があると、家庭での金額が適切であるのかどうか、判断が難しい時がありますよね。
例えば、お小遣いの値段交渉をされた時、みなさんが平均的な金額を知らなければ、金額に困ることもあるでしょう。

最近の平均的なお小遣いの金額は、毎月、中学生は約2500円、小学校5・6年生は約1200円、小学校3・4年生は約980円、小学校1・2年生は約700円となっています。
みなさんのご家庭での金額と比較すると、どうでしょうか?
中には、世間一般の金額よりも、安い、高いと思う人がいるかもしれませんよね。

金額は、学年が上がるにつれて、増えていっていることが分かるでしょう。
どのくらい増やすのかは、家庭の判断によります。
ですが、一定の金額を渡すのではなく必要に応じて金額をプラスしていくのは、一般的だと言えるかもしれません。

参考URL家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]平成30年調査結果
https://www.shiruporuto.jp/public/data/movie/yoron/futari/2018/

子どもに渡すお小遣いの頻度はどうしているの?

子どもに毎月お小遣いを渡している場合は、先ほどご紹介した金額が平均となっていますよね。
一方で、お小遣いはどのくらいのペースで渡しているのでしょうか?
みなさんも、子どもだった時のことを思い出してみて下さい。

お小遣いを毎月もらっていたという人もいれば、お金が必要になった時にもらっていたという人もいますよね。
実は、お金を渡す頻度は、家庭によってばらつきがあります。
しかし、毎月渡している人の多くは、お金のやり繰りの仕方を学んでほしいという目的をもっていることが多いです。
そのため、子どもにお金の使い方を学んでほしいと考える家庭では、毎月渡すという形はアリでしょう。

子どもが何にお金を使うのかによっても、金額は変わってきます。
親が一方的にお金を渡すよりも、子どもと話し合って金額を決めると良いかもしれませんよね。

まとめ

今回は、子どもがいる家庭で話題となる、お小遣い事情についてご紹介しました。
平均的な金額は、子どもが成長するごとに増えていき、多くの場合は学年が上がるごとに金額も多少変わってきます。
渡す頻度は、家庭によりますが、お金のやり繰りを身につけて欲しいという場合は、毎月決まった金額を渡すのがベストです。
これからお小遣いを渡そうか考えている人は、金額面も含めて参考にしてみて下さいね。

2019年8月10日

お役立ち情報 関連記事

食費 目安

お金を捻出するために食費を見直してみよう!~目安はいくら?世の中の平均は?~

自動車保険

家計の見直しは自動車保険にも!~注目したいポイントは?~

コーヒーと貯金

通勤で買ってしまうコーヒーを辞めると貯金が増える?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter