お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

多くの人に知ってほしい!~不妊治療の現状とお金の話~

2019年7月27日

一般的に、子どもは授かりものであると言われています。
しかし、様々な事情から、治療をしなければ子どもを授かることができない夫婦もいるでしょう。
これは、決して他人事ではなく、将来みなさんにも関係してくるかもしれません。
今回は、不妊治療にまつわる現状とお金の話について解説します。

基本的に不妊治療にはお金がかかる

様々な事情から自然に子どもを授かる事ができない場合、不妊治療を受けるのが選択肢の1つになります。
しかし、不妊治療はまだ明るみになるような話題ではなく、どのくらいのお金がかかるのか等、知らないことが多々ありますよね。

まず、治療にかかる費用は、保険の対象にならないということをご存知でしょうか?
不妊治療の場合、例えば、人工授精は1~3万円くらい、体外受精は30~50万円くらいかかりますので、治療に必要な金額を聞いて驚く人もいるでしょう。
また、この金額は、1回の治療費になりますので、様々な方法や回数を重ねた場合を想像してみて下さい。
どの程度の費用になるか、その想像はみなさんも容易にできますよね。
治療は、精神面で疲れてしまうという人もいますが、現実として、費用面との戦いにもなるのです。

これから不妊治療を考えている人は、どの程度の期間、どの程度の治療まで行うのかを費用面を含め、パートナーとよく相談してみて下さい。
これは、治療を進めていく上で、とても重要なことになるでしょう。

費用負担の大きい不妊治療のお金のサポートとは?

ここまでの話で、「不妊治療を受けたいけれど、お金がかかりすぎて難しい…」と、思った人もいるかもしれません。
しかし、自治体や国で治療費を援助してくれる制度がありますので、諦めるのは早いです。
治療の内容や回数に制限はありますが、みなさんが1回の治療でかかる負担を少なくしてくれますので、利用した方が良いでしょう。

その他に、治療にかかる費用を負担するという、サポートを行っている会社があります。
金額面では小さいかもしれませんが、サポートを利用できると、金銭的な支えにはなりますよね。
サポートを行っている会社は、まだ少ないかもしれませんが、治療への理解が広まっている証拠とも言えますよね。

自治体の制度やサポートは、まだ数多くあるとは言い切れませんが、利用する価値はあるでしょう。
精神的な負担になる要素を少なくすることは、何の治療にとっても大切ですので、活用できるものは活用していきたいですね。

参考URLファイナンシャルフィールド
(https://financial-field.com/living/2019/06/10/entry-45185)

まとめ

今回は、不妊治療にまつわる現状とお金の話について触れました。
不妊治療は、基本的に保険の対象外ですので、治療の内容や回数によっては費用が高額になります。
自治体の支援制度が利用できるならば利用し、少しでも精神的、金銭的な負担を小さくしていきましょう。
不妊治療に関する周囲の理解は広まりつつありますが、パートナーとよく話し合い、できることから始めていきましょう。

2019年7月27日

お役立ち情報 関連記事

住宅ローン 特約

ココも見るべき住宅ローン!~失業した時の特約とは?~

転勤 マイホーム

転勤する時はどうする?~マイホームを賃貸として活用する~

配偶者居住権

新しい権利”配偶者居住権”とは何か?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter