お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

安定性の高い不動産投資における見落としがちな項目とは?

2019年7月26日

突然ですが、皆さんは利益を得やすい投資と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか?
その一例として不動産投資が挙げられ、安定性が魅力であると注目を集めています。
しかし、安定しているからと言って、油断してはいけません。
今回は、安定性以外にも、事前に確認しておきたい不動産投資の実態を解説したいと思います。

収益の安定性が高い投資として人気だが…?

近年では、自分で将来の生活費を蓄えることが重要視されるようになってきましたよね。
そのため、貯金に限らず、投資を始めるという形で、努力している人もいるのではないでしょうか?
その中でも、安定性が高く、誰でも始めやすいという理由から、不動産投資がオススメされることが多いです。

確かに、実際に投資を始めてみて、収益的な不満は少ないという声が多数あります。
しかし、投資で物件の管理が上手くいっている状態でも、盲点があることを知っておいて下さい。
実は意外な部分から、総合的に見ると収益がマイナスに繋がってしまうことがあるのです。

それは、古い、新しい物件に関わらず関係してくる修繕に関する費用です。
物件で利益を得るためには、日頃からメンテナンスをしていく必要がありますよね。
ちょっとした部分の綻びを放置しておくと、みなさんの収益に大きな打撃を与えてしまうことが予想できるでしょう。

修繕に関わる費用は、利益に直結してしまうため、蔑ろにすることはできませんよね。

安定性が高くても、次のような投資の形態を取る時は注

多くの人が修繕費関係で困った事態になってしまうのは、次のような場合です。
それは、大まかな物件の管理を不動産会社にお任せしているような場合で、一見すると、私たちの手間や負担は少ないように感じられるでしょう。
確かに、みなさんが本業の傍らで管理を行うとなると大変ですので、管理を任せた方が便利なのかもしれません。
その一方で、物件の管理に関わる金額が、適正なものであるかを確認しておく必要があるのです。

例えば、物件の規模からすると、高額すぎる修繕費の見積もりがあるような時が挙げられるでしょう。
確かに、年数による劣化や、大規模な工事が必要なのを見越している場合は、金額にも納得できますよね。

しかし、そのような事情がない場合は、収益のトータルで見るとマイナスになってしまいますので、安定性のある投資先だとは言えません。
少しでも金額のバランスに疑問を持った場合は、その物件を選択するのは避けた方が良いでしょう。

まとめ

今回は、安定性以外にも事前に確認しておきたい、不動産投資の項目について解説しました。
見るべきポイントは、修繕費に関する項目になり、物件に対して高額な費用になっていないかどうかになります。
最初の数年は収益が良くても、修繕をしたことで投資の結果がマイナスになってしまうこともあり得るのです。
事前に書類を確認した際に、修繕費が物件に見合った金額かどうかを判断しておきましょう。

2019年7月26日

お役立ち情報 関連記事

オフショア投資 注意点

話題のオフショア投資を始める前に~注意点をおさらいしよう~

不動産投資 物件

今時の不動産投資の物件は、セパレートに人気が集まっている?

オフショア投資

謎多きオフショア投資とは?~話題の投資先をご紹介します~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter