お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

実は持っていた方が良い?~実物資産の大切さと現状を知ろう~

2019年7月23日

みなさんは、現在持っている資産について聞かれた時に、何と答えますか?
例えば、現在貯金しているお金だったり、株での利益だったりと、資産にも様々な種類がありますよね。
一方で、金や宝石といった物としての資産をイメージする人もいるでしょう。
今回は、実物資産現状で持つべきかどうか、解説したいと思います。

実物資産を持つメリットや現状はどうなの?

みなさんの身の回りに、価値ある物はありますか?
例えば、金だったり年代物の骨董品だったりと、ありとあらゆるものが挙げられますが、実際に持っている人は案外と少ないのかもしれません。
上記を実物資産と言うのですが、多くの人の現状として、このようなご時世に持っていても仕方がないと思うでしょう。

しかし、価値ある物は、金額の変動こそありますが、社会の影響に左右はされません。
例えば、一見すると普通の壺でも、大昔の有名な人が作った物となると、一気に壺の価値や金額が高くなりますよね。
そのため、何かあった時のために、お金と合わせて持っておくという人も少なくはありません。

特に、高所得者の場合、実生活には関係のないような壺や偶像などが、自宅に飾られていることが多いですよね。
一般的な基準としては、住宅も価値ある物の代表であり、売る場合はお金に替えることができます。
そのため、お金だけではなく、お金になる資産を少しは持っておいた方が、何かあった時の備えになると言えるでしょう。

実物資産を持っている現状と今後はどうなる?

何かの備えとして、実物資産を持っておくことは現状では大切だと、いうことは分かったかと思います。
しかし、今後の社会の動きを考えた時に、実物資産は必ず持っていた方が良いと言えるのでしょうか?

その答えとしては、少なくとも「持っていた方が良い」と言えます。
なぜなら、お金は社会情勢の影響を非常に受けやすく、最悪の場合、価値がなくなってしまうことがあり得るからです。
意外にもお金には、普遍的な価値が存在するとは言い切れませんよね。
そうなってしまった場合、みなさんは現在の生活を維持することが難しくなってしまうかもしれません。

近年では、空き家の問題がありますが、将来的な家の在り方を考えている場合は、実物資産として所有しても良いでしょう。
何事においても、柔軟に対応できる術は持っていた方が良いことは確かです。
何かの機会で、資産を見つめ直す際は、今回の記事を思い出してみて下さい。

まとめ

今回は、実物資産現状として持つべきかについて解説しました。
お金だけではなく、実物として価値のある資産を持っておくことは、社会変化に対応するためには大切です。
物の場合は、管理面で手間がかかることは多いですが、何かあった時にみなさんの助けになり得る資産になるでしょう。
どちらか一方を偏って持つのではなく、バランスよく持つことが理想的な資産の在り方と言えるかもしれません。

2019年7月23日

お役立ち情報 関連記事

投資 為替ヘッジ

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

相続税対策 不動産

相続税対策で気になる最新の不動産事情を知っておこう

NISAで株

NISAで株を始める時のポイントはココ!~グロース株を探そう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter