お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

急な出費は住まいを売却するリースバックで対応できるの?

2019年7月20日

誰しも、急な出費があったり重なってしまったりすると、困ってしまいますよね。
しかし、住まいを利用して、金銭的な問題を解決できる方法があるのをご存知でしょうか?
何事も、内容を知っておくことは大切ですよね。
今回は、住まいを売却するリースバックの仕組みについて、ご紹介したいと思います。

住まいを売却することが前提のリースバックとは何か?

みなさんは、住まいに関連する仕組みの一つに、リースバックと呼ばれるものがあることを知っていますか?
これは、住まいを売却し、それを買取った人に家賃を支払うことで、住まいに継続して住むことができるという方法になります。
感覚としては、家賃を支払うことになりますので、例えるならば、みなさんが借家に住んでいる形になりますよね。

この方法を利用すると、住まいを売却した際のお金は一括で支払われます。
従って、どうしても急に、高額なお金が必要になってしまった時に、役立つ方法と言えるでしょう。
ある程度のお金を集めるには、時間がかかりますので、このような方法があると助かる人もいますよね。

また、リースバックでは、一度他人に住まいを売ってしまっても、買い戻すことが可能です。
そのため、現在の住まいに愛着がある人は、急な事情で手放してしまっても、買い戻しが可能ならば安心できますよね。

住まいを一旦手放すことで生じるリースバックのデメリットは?

住まいを再び買い戻すことができるのならば、リースバックは困った人にとって有難い仕組みだと言えますよね。
しかし、みなさんが利用を考える前に、1つ知ってもらいたいことがあります。

それは、月に支払う家賃や、買い戻しの金額は、従来の住まいの相場や価格よりも金額が高めになりやすいということです。
下手をすると、住まいを売却して、他の物件に住んだ方が、安上がりの可能性があるかもしれません。
お金の面では、急な出費の対応はできますが、月の支払いが割高になるかもしれないことは考慮しておきましょう。

利用を考える時は、将来的に売却した住まいの在り方をどうしたいのかを踏まえた上で、判断すると良いかもしれません。
生活の基盤になっているのは住まいですので、お金のことと同じくらい大切に考えたいですね。
そのため、リースバックは住まいの買い戻しの可能性を考えると、若い人に向いていると言えるでしょう。

まとめ

今回は、住まいを売却するリースバックの仕組みについてご紹介しました。
これは、住まいを売却して、借家のような形で家賃を支払ないながら住み続ける、という方法になります。
住まいを売却すると、売却したお金が手に入りますので、急な出費に対応できる方法の1つと言えますよね。
売却した時よりも住まいの価格は高くなりますが、買い戻しが可能ですので、比較的若い人の利用が向いていると言えるでしょう。

2019年7月20日

お役立ち情報 関連記事

住宅ローン 対処法

住宅ローン返済中に不測の事態が生じたら~対処法とやってはいけないこと~

結婚 お墓

結婚をきっかけに考えたい~お墓の管理や今後について~

住宅ローン 審査

住宅ローンは名義も大事~これでは審査が通らない?~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter