お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

始める前に知っておこう!~投資信託で利益が出た時と税金~

2019年7月18日

みなさん、投資で出た利益は、すべて自分の物になると思っていませんか?
実は、儲かった分には税金がかかりますので、全額が手に入るわけではないのです。
これらを後から知って、損をしてしまったとなると、大変です。
そこで今回は、投資信託で利益が出た時の税金のお話しをしましょう。

投資信託と税金~①換金と分配金の受け取り時は注意しよう~

投資信託では、みなさんの手元に入るお金に税金がかかるものが、運用中2つあります。

まずは、投資で得られた利益を、自分の手元に換金する場合になります。
ほとんどの人は、売却した時の金額が、そのまま自分の手元に来るだろうと思ってしまいがちですよね。
しかし、売却で得られる利益には、税金も追加で関わってきますので、事前に知っておきましょう。

次に、税金が引かれている項目には、分配金が挙げられます。
簡単にですが、分配金のことをご説明しましょう。
分配金とは、投資信託に投資している人に対して、運用した結果、出た利益を還元しているものなります。

これは、投資している商品の売却とは別口の話になりますので、注意しましょう。
具体的な金額は決まっていませんが、高額な時もあれば少額な時もありますので、バラバラです。
特に、”普通分配金”と呼ばれる名称で受け取った時は、事前に証券会社で源泉徴収がされているため、金額の記載に誤差が生じるでしょう。

細かいことですが、書類を後から見ただけでは分からないという事態は避けたいですよね。
みなさんが自分で確定申告をする場合は、税金が引かれていることを知った上で、計算をしていくと良いでしょう。

投資信託と税金~②反対に損失の方が多い時は?~

ここで、みなさんの中には、次のように思う人もいるかもしれません。
それは、投資信託で損失の方が大きい場合は、上記のように税金が関係してくるのか、ということでしょう。

結論を一言で言うと、損失が大きい場合には、基本的に税金はかかりません。
なぜなら、これらの税金は利益が出た時にかかるものですが、利益が出ていないとなると話は別になりますよね。

投資をする上では、損失はあまり良いことではありませんが、どのような時に税金がかかるのかは忘れないようにしましょう。
気になる人は、今までの書類を改めて見返してみると良いですね。
ちょっとした振り返りも、投資の勉強になります。

まとめ

今回は、投資信託で利益が出た時の税金について解説しました。
基本的に税金が関連してくるのは、投資商品を売却して換金した時と、分配金を受け取った時になります。
一方で、損失の方が大きかった場合は、利益が発生しているとは言えませんので、税金が関連してくることはありません。
税金に関する話は、複雑になりやすいですが、知っておくだけでも投資での損を防ぐことに繋がるでしょう。

2019年7月18日

お役立ち情報 関連記事

ボーナスがあったとしても、投資にストップがかかる人とは?

不動産投資 ワンルームマンション

最近人気の不動産投資の投資先はワンルームマンション?

安定性の高い投資

安定性の高い不動産投資における見落としがちな項目とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter