お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

株主優待を目的とした投資という選択もあり

2019年6月30日

通常、株式投資といえば株価の値上がりした際の売却益を目的としている人が多いでしょう。
しかし、株主優待を目的として投資をする、という選択肢もあります。
株主優待を目的とした投資には、どのような利点があるのでしょうか?
その利点を考えてみましょう。

株主優待を狙った投資の利点

企業の中には、株式を保有している株主に対して、株主優待を贈呈しているところもあります。
その株主優待を目的として投資をするという選択肢もありだと思いますが、その利点について考えてみましょう。

まず、株主優待というのは企業によってその内容が違います。
それは自社製品や割引券、優待券などが多いのですが、それ以外にも商品券やクオカード、カタログギフトなどを贈呈している企業もあります。

中には、入手が困難な施設の利用券や、スポーツ施設やレジャー施設、映画館などのチケットが商品となっていることもあり、自分の生活にあった株主優待を贈呈している企業を選ぶと、かなり得をすることができるでしょう。

株主優待を狙う利点として、株価の変動に関わらずほぼ確実に得られる利益となる、ということがあります。
株価の変動はどうなるかわかりませんが、株主優待の場合はよほど業績が悪化したりしない限りは、毎年もしくは年に数回もらうことができ、確実な利益となるのです。

そのため、株主優待狙いの投資の場合は、それほど頻繁に株価をチェックする必要がありません。
よほど大きく変動しない限りは、特に関係ないのです。

注意点も

株主優待狙いで投資をする場合、いくつか気を付けなくてはいけない点があります。
その中でも、特に注意が必要となるのが株主優待を受けられる権利確定日と、保有するべき株数についてです。

株主優待は、その贈呈される日によって権利確定日というもの決まっていて、その日に株を持っている人に対して株主優待が贈られることとなるのです。
そのため、その前日に手放した場合や、その翌日に入手した場合には、その時の株主優待を受け取ることはできません。

また、保有している株数によって、受け取れる内容に違いがあります。
特に、最低限必要となる株数は、最低取引単位である1単元とは異なるので、その点も注意しましょう。

株主優待を狙って投資をする場合、その株式は長期保有するつもりでいましょう。
その企業を応援するつもりで、短期的に株価が上下しても気にせず、不要になるまで持ち続けるつもりでいることをおすすめします。

まとめ

株式投資というのは、値上がり益を狙ったものばかりではなく株主優待狙いでの投資という選択肢もあります。
株主優待は、値上がり益とは違ってほぼ確実に得られる利益となり、その内容によっては金額以上に得をした気持ちになることもあるでしょう。
ただし、株主優待狙いでの投資の場合は、長期投資を基本として株価の動きに惑わされず、その企業を応援するつもりでいたほうがいいでしょう。

2019年6月30日

お役立ち情報 関連記事

フードテック

これからの投資先選びの参考に~フードテックを知ろう~

不動産投資 事業

気軽に始めた不動産投資が一転して事業に変わるポイントは?

グリーンボンド

グリーンボンドで価値ある投資を!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter