お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

リバース・モーゲージって知っていますか?

2019年6月9日

住宅を購入して住んでいるみなさん。
自分が亡くなった際、自宅をどうするのかについては、不確定要素が多いという方も多いでしょう。
ちなみに、持ち主がいない住宅の扱いはどうなるのでしょうか?
今回は、リバース・モーゲージという選択肢について、お話ししたいと思います。

新たな家の選択~リバース・モーゲージの仕組み~

みなさんは、リバース・モーゲージという制度を聞いたことはありませんか?
あまり日本では馴染みのない制度ですが、これからの社会においては、重要な制度になるかもしれません。
簡単にですが、内容をご説明しましょう。

これは、自宅の売却を前提にしてお金を借りるという制度で、売却を行うのは住宅の持ち主の死後になります。
従って、生きている間は、そのまま住み続けることができますので、ちょっと変わった制度に見えるかもしれませんよね。
外国で普及されてきている制度ですので、みなさんが知らなくても当然でしょう。
ここで、なぜ自分の住宅なのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

住宅の状態にもよりますが、身の回りの物の中で一番価値があるのは、ほとんどの人の場合住宅ですよね。
しかし、家を売るにしても、新しい住まいがすぐに見つかるとは限りません。
かえって、住まいが見つからないというリスクの方が、高くなってしまうこともありますよね。
家に住み続けながら、お金を借りることができますので、お金を借りる際の不安を小さくすることができる方法だと言えるでしょう。

馴染みのないリバース・モーゲージの実際はどうなの?

外国では利用されているリバース・モーゲージですが、実際のところ利用しやすいでのしょうか?

一番のメリットは、基本的に家の売却は持ち主の死後になりますので、その間は金利の支払いだけになります。
そのため、返済のために毎月、決まった額を支払うという必要はありませんので、返済の負担は少なくなると言っても良いでしょう。
返済によって、生活がより苦しくなる、という不安を抱えることはありません。

一方で、自宅の売却を前提とした制度ですので、基本的には他人に相続することはできません。
そのまま家族の誰かが住み続けたいという希望がある場合は、利用を避けた方が良いでしょう。
あくまでも、住む人が自分以外にいないという場合には、オススメできる制度であると言えますね。

まとめ

今回は、リバース・モーゲージという選択肢について、お話ししました。
これは、住宅を売却することを前提としてお金を借りる制度になり、日本ではまだあまり普及されていません。
売却時に返済する予定になりますので、基本的には金利だけの支払いで良いですが、相続ができないというデメリットもあります。
将来的に、自宅に住む人がいなくなるという場合は、利用するとお得な制度になるでしょう。

2019年6月9日

お役立ち情報 関連記事

再雇用制度

再雇用制度について考えてみよう

退職金の税金

退職金の税金についてきちんと把握しておこう

人生100年時代の働き方

人生100年時代の働き方を考えてみよう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter