お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

長期の資産形成ETFについて解説します

2019年5月28日

資産形成の方法としては様々なものがありますが、その中でも特に長期の資産形成には適しているとして、個人投資家からの注目が高くなっているのがETFです。
ETFは、どのような点が長期的な資産形成に向いているのでしょうか?
ETFの概要と、その特徴について解説していきます。

ETFとは?

ETFは、株式市場に上場していて株式と同様に売買が可能な投資信託のことです。
日経平均株価やTOPIXなど、特定のカテゴリや市場で示される指数と価格を連動させることを目的としている商品のことで、人気のある金融商品です。

特にETFに対しての注目が高くなったのは、リーマンショックなど株価が大幅に暴落したときです。
大暴落の際は、多くの銘柄が売りたい人ばかりとなり、取引が成立しない状態となりやすいのですが、その中でもETFはきちんと流動性を保っていたのです。

ETFは、株とは違って一部の企業の業績などに影響を受けるものではありません。
市場全体の値動きに連動するものなので、株式のようにその会社が倒産した場合には価値がなくなるという心配もありません。

また、市場の中でも特定の業種をターゲットとしたETFもあります。
例えば、これから成長するであろう業種の株を買いたいと思っても、具体的にどの企業が伸びるのかがわからない場合などは、その業種全体をターゲットとしたETFに投資するという方法もあります。

ETFの特徴は?

ETFの特徴としては、分散投資がしやすいという点があります。
特に長期投資の場合は、特定の企業に集中して投資してしまうとその企業と一蓮托生になってしまいますが、ETFの場合は常に市場全体に分散投資しているようなものなので、安定して投資できるでしょう。

また、ETFには海外を対象としたものもあります。
外国の企業などの情報を入手するのは大変ですが、これから経済的成長を迎える国に投資すると、その利益も大きくなることが期待できます。

そこで、ETFを利用して対象となる国へと投資することで、その国全体の成長に合わせて利益を得られるようになります。
要するに、その国自体を一つの企業として考え、投資するようなイメージで投資が可能となります。

このように、ETFに投資するということは一度で広い範囲に投資を分散できることになるので、長期的な投資で気を付けなければいけないリスクの分散も、自動的にされていることになります。
投資信託よりも取引がしやすいこともあり、今後も人気となるでしょう。

まとめ

長期的に投資をする場合、リスクを回避するためには分散投資をする必要があるでしょう。
個別に分散投資をする場合はその分必要な資金も増えることとなりますが、市場全体の指標などと連動することを目的としているETFならその心配が不要となります。
自動的に市場全体へと分散投資をしているETFにも、その範囲や対象などは様々なものがあります。
特に海外への投資をする場合は、個別の企業に投資するよりも海外ETFでの投資がおすすめです。

2019年5月28日

お役立ち情報 関連記事

老後 資産運用

老後の資産運用の成功は、手持ちのお金の分類法で決まる!

劣後債 運用

一般人でも劣後債は購入できるの?~運用向きのタイプは?~

投資 為替ヘッジ

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter