お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

退職金を運用する際に気を付けるべきこと

2019年5月26日

定年を迎え、会社を退職することになった時に受け取る退職金ですが、どうせならそれを元手にして運用し、生活にゆとりを持てるようにしたい、と考える人も少なくないでしょう。
しかし、退職金運用には気を付けたい点があります。
その注意点について解説していきます。

退職金の運用で気を付けたいこと

退職金というのは、これまで会社の発展に貢献してきたことに対しての報酬です。
退職金を元手として運用したいと思っている人には、一つ注意してもらいたいことがあります。

それは、退職金が大事な自分の老後の資産だということです。
退職金運用せずに使っていると減る一方ですが、運用方法を間違えてしまうと普通に使うよりもさらに減るスピードが速くなります。
そして何より、もう給料がないのですから、減った分を補う収入を得ることは難しいのです。

そのため、退職金運用する際は、何よりも大損を避けることを念頭に置いて運用しましょう。
また、運用を代わりにやってくれるサービスなどに任せるのではなく、自分で運用方法を勉強して、自分の力で資産を増やすことを考えるべきです。

せっかく退職金としてまとまった金額が手に入ったのですから、それをまとめて運用するのではなく、分散することも心がけましょう。
大負けのリスクを減らすには、資産を分けることが非常に重要となります。

退職金運用については、こういった点に気を付けましょう。

おすすめの退職金の運用方法

それでは、退職金をどのように運用していくといいのでしょうか?
最もリスクが少ない運用方法としては、定期預金にしてしまうことですが、現在の金利ではリターンがほぼ期待できません。
それよりは、安全性が高くリターンにも期待できるよう運用しましょう。

まずオススメなのは、投資信託です。
投資信託は、株式などに投資するファンドに対して投資するのですが、ファンドはその資金を複数の株式などに分散して投資しているので、一つのファンドに投資すればその中で分散投資家が可能となるのです。

また、その投資については各ファンドの専門家が投資先などを決定しているので、最低限の知識さえ持っていれば後は保有しているだけで、利益が分配されることとなるでしょう。

もしくは、自分で株式投資をするというのもいいのですが、その場合は売却益を狙うよりも、配当金や株主優待などを目的とするのがおすすめです。
長期的に保有していれば、毎年ある程度の利益を得られるでしょう。

リスクの低い投資としては、国債やソーシャルレンディングもおすすめです。
しかし、国債はその期間が長いわりにリターンが低いことが多く、ソーシャルレンディングは安全性がそこまで高いとも言い切れないので、退職金の金額や残りの資金などを考えて運用方法を決定しましょう。

まとめ

退職金をただ少しずつ使って減らしていくよりも、それを元手に運用してさらに増やすことで豊かな老後を過ごしたい、と思う人は多いでしょう。
しかし、失ってしまうと今後の生活に支障をきたしてしまうので、退職金運用は通常よりも慎重に行いましょう。
いくつかの運用方法から、退職金の金額などを考慮して適した運用方法がどれか、考えてみましょう。

2019年5月26日

お役立ち情報 関連記事

再雇用制度

再雇用制度について考えてみよう

退職金の税金

退職金の税金についてきちんと把握しておこう

人生100年時代の働き方

人生100年時代の働き方を考えてみよう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter