お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

マイホーム購入時の頭金の目安とは?

2019年5月18日

マイホームを購入するときには、まず頭金を支払うという考え方が一般的ですが、果たしてどのくらい用意すればいいのでしょうか?
マイホームを購入するときに頭金を支払う意味や、そのメリットなども併せて、頭金について考えてみましょう。

マイホーム購入時の頭金とは?

マイホームを購入する際は、多くの人がまず頭金を支払います。
マイホーム頭金なしで購入できる、といった謳い文句を目にすることもありますが、全くなしという人は少ないでしょう。

これは簡単に言うと、自己資金のことです。
マイホームの購入では多くの人が住宅ローンを利用しますが、一部は自己資金として用意しており、それを頭金と呼んでいるのです。

マイホームを購入する際の頭金は、大体20%が目安といわれていました。
これは、銀行が融資する際の基準として、だいたいその対象となる物件価格の80%を目安としていたため、残り20%は自分で用意するということが多かったからです。

今では、マイホームを購入するとしてもそれほど頭金に重きを置いていませんが、担保価値を考えると20%というのは妥当なところといえます。
しかし、実は頭金というのは多ければ多いほどメリットがあります。
その理由について、解説します。

マイホームに、頭金を用意するメリットは?

マイホームの購入時に頭金があれば、自分で用意した資金なので、その分は住宅ローンとして借りる必要がなくなります。
そうなると、住宅ローンとして返済しなくてはいけない金額が、少なくなるのです。

また、それだけ返済までの期間が短くなるということでもあります。
それだけではなく、元本と期間が減少することで支払う金利も少なくて済むのです。
たとえ貯めるために苦労したとしても、その分毎月の支払いは楽になるので、たとえマイホームを購入するまでの期間が少し遅くなるとしても、ある程度は貯めてからにするのがお勧めです。

反対に、頭金なしで借りるフルローンは毎月の返済額が大きくなるので、その分苦労することになると思います。
特に、支払う金利がそれだけ増えるということを考えると、そうそうすべてをローンで賄うということはしにくいでしょう。

マイホームを買う時は、まずその前に数年間、住宅ローンを支払ったつもりで頭金を貯めておくことをお勧めします。
その時点で苦しくなるようであれば、返済に困ることとなるでしょう。
その貯めた分だけ、住宅ローンの返済が楽になると思って最初に少しだけ苦労を受け入れましょう。

まとめ

マイホームを購入する際は、住宅ローンだけに頼るのではなく自分で頭金を貯めてから購入しましょう。
頭金は不動産価格の20%が相場とされていますが、頭金を増やした場合はそれだけ後の返済が楽になるので、なるべく多く頭金を用意してから購入したほうがいいでしょう。
マイホームを購入したことを将来的に後悔しないためにも、まずは頭金を貯めるようにしましょう。

2019年5月18日

お役立ち情報 関連記事

住宅ローン 審査

住宅ローンは名義も大事~これでは審査が通らない?~

今、UR賃貸住宅が選ばれている!~人気のポイントを知ろう~

住宅取得等資金 特例

住宅取得等資金における特例について確認しておこう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter