お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

不動産投資をする上で”ストック型”と”フロー型”を理解しておこう

2019年5月8日

これから、不動産投資を始めようと準備をしている人はいませんか?
大抵の人は、物件を購入する費用を金融機関から借りようとするでしょう。
しかし実は、物件の経営をする事で、2つの視点から資産を増やしていく事が可能になるのです。
今回は、不動産投資で生じるストック型フロー型の考え方について、解説します。

ストック型とフロー型とは~ストック型はローンに注目~

みなさんは、ストック型フロー型という用語を聞いたことはありませんか?
これらは、資産をどのように増やすのかによって、区別されている用語になります。

例えば、ほとんどの人は、不動産を購入するにあたり、一括での支払いが難しい時は金融機関を利用しますよね。
しかし、みなさんは、ローンの返済を通して、資産を増やしているという考え方をすることを知っているでしょうか?

このような考え方を、ストック型と言い、ローンの返済が進むにつれて、物件が自分の資産になります。
確かに、最初は物件を購入するにあたり借金をしますが、きちんと返済ができると、自分の所有物になりますよね。
従って、お金ではありませんが、所有物として資産を持つことが可能になるでしょう。

資産と言うとお金のイメージがありますが、物も資産の1つになり、いざという時に、現金に替えることができますよね。
従って、所有物を獲得することも資産運用の1つのポイントになるのです。

ストック型とフロー型~フロー型は家賃収入に注目~

前の項目ではストック型について解説しましたので、次はフロー型になります。

ところで、不動産投資で資産運用をしたいと考える人は、どれくらいの家賃収入が得られるのかと、いうことに注目しますよね。
物件の運営が上手くいくかどうかがカギになりますが、家賃収入に注目して資産運用を行うことをフロー型の考え方になります。

ここでの考え方は簡単で、家賃収入から物件の管理費等の必要経費を差し引いた金額が、みなさんの利益になりますよね。
その利益分のことをフロー型資産と言い、家賃収入が多いほど高額になっていきます。

従って、家賃収入で資産を増やす場合は、なるべく空室がないようにする形で、常に収入がある状態を作っておく必要があるでしょう。
空室が多数ある、人気のない物件を選んでしまうと、利益が少なくなり、資産がマイナスになってしまう可能性もありますので、気を付ける必要があります。

まとめ

今回は、不動産投資で生じるストック型フロー型の考え方について解説しました。
ストック型は、ローンの返済を通して、物件を自分の所有物にして資産を増やしていく考え方になります。
フロー型は、毎月の家賃収入における利益から、金銭面で資産を増やしていく考え方になります。
不動産投資は2つの側面から資産を増やしていくことになりますので、始める際には仕組みをしっかりと覚えておきましょう。

2019年5月8日

お役立ち情報 関連記事

不動産投資サブリース

不動産投資の1つ、サブリースについて解説します

平均貯蓄額

各年代の平均貯蓄額を把握しておこう

内部収益率(IRR)

投資の初心者は内部収益率(IRR)を理解しておこう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter