お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ETFと投資信託の違いを解説します

2019年4月30日

みなさんは、ETFとはどういったものかご存知でしょうか。
これは投資信託の一種なのですが、通常の投資信託とはどう違うのでしょうか?
本記事では、ETF投資信託にはどのような違いがあるのか、解説していきたいと思います。

2つの違いは?

ETFというのは、上場投資信託ともいわれる投資信託の一種です。
通常の投資信託と比較した場合、証券取引所に上場しているのがETFとなり、上場していないのが投資信託となります。

投資信託は、証券会社だけではなく銀行や郵便局など、様々な所で取り扱っています。
しかし、ETFの場合は上場しているため、証券会社以外では取り扱うことができないという点が大きく異なります。

また、取引する際の価格についても、ETFの場合は市場価格でありリアルタイムで変動していくのですが、投資信託の場合は基準価額が1日1回算出されていて、その価格で取引されます。

投資信託を株式取引と同様に扱えるようにしたものが、ETFになります。
しかし、中身はあくまでも投資信託なので、売買手数料以外にも信託報酬などが発生するという点が、株式とは異なります。

また、投資信託の場合は口数での取り扱いとなり、少額での取引も可能なのですが、ETFは株式売買と同様に取引単位が決まっているため、売買時にかかる費用としては投資信託よりも高額になります。
しかし、株式よりも安い資金で投資することができます。

また、分配金については投資信託の場合は再投資が可能ですが、ETFの場合は現金で受け取る以外の方法はありません。
ETF投資信託にはこのような違いがあります。

どちらがいい?

投資をする際は、ETF投資信託のどちらに投資するべきでしょうか?
それぞれにメリットがあるので一概には言えないので、両方のメリットから考えてみましょう。

まず、ETFのメリットとしては、投資信託よりも信託報酬が安いという点があります。
また、売買の方式が株式と同じなので、取引の際の価格が分かりやすいというのもメリットです。

それに対して、投資信託はつみたてNISAやiDeCoのような非課税制度を利用した取引が可能というメリットがあります。
また、証券取引所のオープン時間に関係なく取引が可能という点や、少額から投資が可能という点もメリットでしょう。

どちらにもメリットがあるので、どちらかに投資をする際は自分の好みによって選びましょう。

まとめ

ETF投資信託は、内容が似ているので混乱する人も多いでしょう。
投資信託の中でも、証券取引所に上場しているものがETFなのですが、様々な違いが生じています。
それぞれに違いやメリットがあるので、どちらがいいのかは一概にいうことができません。
最終的には、自分の好みで選びましょう。

2019年4月30日

お役立ち情報 関連記事

投資 為替ヘッジ

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

相続税対策 不動産

相続税対策で気になる最新の不動産事情を知っておこう

実物資産

実は持っていた方が良い?~実物資産の大切さと現状を知ろう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter