お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

今どきの新しい保険「健康増進型保険」を紹介します

2019年4月9日

保険といえば、けがや自己、病気の際の入院に備えたもの、もしくは死亡時に家族へと遺すものというイメージがあるでしょう。
しかし、最近は健康増進型保険というものが登場し、大きな注目を集めています。
この保険は、どのような内容なのでしょうか?

健康増進型保険というのは?

保険加入者が、健康を保つために何かをしているか、また現在健康であるかどうかで保険料が増減するか、もしくは何らかの特典が付与されるという保険のことを、健康増進型保険といいます。

これまでの保険は、健康であれば利用することが少ないので、保険に加入していることが無駄に感じてしまうこともありました。
しかし、健康を保つことで得るものがあるこの保険であれば、健康を保っていても加入している意味があるでしょう。

また、保険は通常、年齢に応じて保険料が高額となります。
しかし、健康増進型保険の中には、実年齢を基準とするのではなく、どのくらい健康化を示す健康年齢を基準として保険料を定めるものもあります。
健康に自信がある人には、ぴったりの保険でしょう。

登場した理由は?

では、なぜ健康増進型保険というものが登場したのでしょうか?
これまでであれば、健康状態というのは健康診断や人間ドッグなどを利用して判断するしかなく、また日々の行動については自己申告となっていました。
しかし、IoT機器やウェアラブル端末の登場によって、データを取得することが容易となったのです。

IoT機器やウェアラブル端末を利用すると、簡単に日々のデータを収集することができます。
記録されたデータを定期的に提出すれば、どのくらい運動をしていたか、またどのようなことをしていたのかという日々の行動を知ることができます。

例えば、毎日2時間走っていて、週3回ジムに通っているという人がいたとします。
それが真実かどうかは、これまでなら自己申告を信じるしかありませんでした。
しかし、ウェアラブル端末を付けてデータを集め、それを分析すれば実際には何時間走って、またジムにどのくらい通っているのかが客観的に明らかとなります。

このようなデータを集められるようになったからこそ、健康増進型保険というものができたのです。
現在でも数社が出しているこの保険は、今後健康への取り組みが一般的になればどんどん増えていくでしょう。

まとめ

病気に備えるのではなく、病気にならないように健康を保つことを目的とした保険が、健康増進型保険です。
健康であればあるほど保険料が安くなるか、もしくは特典を得ることができる保険であり、今かなり注目されています。
健康になろうとすることでリスクを減らすことにつながる保険は、今後ますます注目されていくでしょう。

2019年4月9日

お役立ち情報 関連記事

再雇用制度

再雇用制度について考えてみよう

退職金の税金

退職金の税金についてきちんと把握しておこう

人生100年時代の働き方

人生100年時代の働き方を考えてみよう

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter