お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

40代にお勧めの【投資信託】を解説

2019年3月27日

数多くの投資がある中、何を選んだ方が良いのか分からないという人はいませんか?
実は、試してみての内容も大切ですが、世代によっても向いているものがあるのです。
自分の世代の特徴を掴みながら、なるべく合ったものを選んでいきたいですよね。
今回は、40代から始めやすい投資についてご紹介したいと思います。

40代だからこそ始めやすい投資~投資信託~

皆さんは、40代からの投資というと、どのようなものを想像しますか?
近年では、一気に大きな利益が得られるような内容よりも、堅実性を求める傾向がありますよね。
このことから、40代の皆さんには、投資信託を始めてみることを勧めたいと思います。

なぜお勧めできるのか、その理由は、この世代のお金にまつわる意識にあります。
40代にもなると、多くの人の収入は安定してきますが、同時に様々な出費も増えてきますよね。
例えば、ご家族や子供がいる場合は、学費に関することだったり家を購入することだったり、比較的高額な出費が重なるでしょう。

今までの貯金で対応できるならば問題ありませんが、支払いの時期が重なってしまう可能性もあります。
そうなると、少しでもお金にゆとりがあった方が助かりますよね。

また、将来の生活を考えることが多くなり、支給される年金の金額と併せて、生活設計を考えていく機会も多くなるでしょう。
そのため、現在必要な支払いをしつつも、将来の生活に向けての準備をすることが求められる世代とも言えます。

とはいえ、一気に高額な資金を用意することは難しいので、少額から始められる内容の方がチャレンジしやすいでしょう。
始めるにしても、お金がそれなりにかかってしまうとなると、躊躇してしまいますよね。

投資信託の場合、最低額は1万円程度から始めることができるので、家計から見てもやりやすいでしょう。

40代でこれから投資信託を始めようと考える人へ~知るべきポイントとは?~

ここまでの流れで、40代の皆さんにとって投資信託は始めやすいと感じて頂けたかと思います。
そうなると、次は、どのようなメリットがあるのかを知っておきたいですよね。

ポイントとして、少額から始められる点の他に、細かい運用は専門家に任せられるという点があります。
投資と言っても、専門の仕事をしたり、詳しく勉強したりしない限りは、難しいこともありますよね。

例えば、今、株式を始めて運用してみて下さいと言われた場合、すぐに取り掛かれるでしょうか?
ほとんどの人は、運用することに不安で一杯になりますよね。
40代になると、仕事は安定してきますが、働き盛りも多く、責任のある立場になる人もいます。
そのような状況で、投資の運用もやらなければならないのは、大変ですよね。
しかし、あまり手間をかけられないという理由で、辞めてしまうのは勿体ないです。
専門家に依頼した場合、実際にかかる手間はほとんどありませんので、私たちの負担がだいぶ少なくなります。

また、この世代は大きな賭けに出るよりも、堅実にお金を増やしたいと考える人が多いです。
失敗して損を出してしまうと、投資を始めた意味がなくなってしまいますよね。
そのため、長い時間をかけて、じっくりと取り組めることを重視していると言っても良いでしょう。

損失が必ず出ないという訳ではありませんが、他と比べても少ないと言われています。
従って、リスクをなるべく回避したいと思っている、40代が持っているニーズと合っていますよね。
このようなポイントから、40代の皆さんにはとりわけ投資信託がお勧めできると言えるのです。

参考URL楽天証券
(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/think/lifeplan/age30_40/)

まとめ

今回は、40代からでも始めやすい投資についてご紹介しました。
40代になると、生活の安定が確保できるのと同時に、大きな出費を控えるイベントが起こりやすくなります。
そういった事を踏まえると、投資信託は少ない予算からじっくりと資産を増やしたいという人や、運用にかかる手間を少なくしたいという人向けの投資と言えるでしょう。
また、始める際には今後の方針を専門家と相談できるので、安心して取り組む事ができるはずです。

2019年3月27日

お役立ち情報 関連記事

先物取引「日経225」

40代~50代は先物取引「日経225」も検討してみよう

個人向け国債

資産運用として個人向け国債を検討してみよう

クラウドファンディング 違い

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter