お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違い

2019年3月19日

今では、投資にも少し慣れてきたという人もいるでしょう。
最近、投資の話題に敏感な人が多くなっている為、始める人も増えていますよね。
沢山の種類があることから、ちゃんと理解していない内容もあるはずです。
今回は、クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いはどこかについて、ご説明しましょう。

クラウドファンディングとの違いはどこにあるのか?

新しい投資の形として、クラウドファンディングというのを聞いたことはありませんか?
よく、有名人が行っているという話を聞いたことがありますよね。
それだけではなく、一般の人の間でも、様々な形で利用されていることが多いでしょう。

一方、似たような名前に、ソーシャルレンディングと呼ばれる投資があります。
クラウドファンディングとどこに違いがあるのか、同じような内容なのか、分かりにくいと感じる人もいるかもしれません。
まずは、クラウドファンディングとはっきり分かる部分について、取り上げていきましょう。

実は、双方は同じような仕組みであり、クラウドファンディングの1種と考えられているのです。
従って、投資における基本的な仕組みは、あまり変わりません。
しかし、どのような形で資金を集めるのか、その方法が違いになると言えます。

ソーシャルレンディングの場合、お金を借りたいと考えている会社に対して、私たちはお金を貸すという、融資するスタイルになります。
融資するということは、必ず貸したお金が戻ってくることを意味しますよね。
従って、他の形態とは異なり、お金に対する保証は手厚いと考えられるでしょう。

そうなると、投資を考える私達にとっては、どこで利益が得られるのかが気になりますよね。
実は、お金を貸す際に、事前に利率が決まっており、それが利益となるのです。
例えば、みなさんが融資したことを想定すると、貸したお金とプラスに利益分が戻って来ることになるでしょう。

利益分をどの程度にするのかは、事業者により異なりますが、比較的失敗が少ないのでやりやすい投資になります。

クラウドファンディングと運用面での違いはあるのか?

クラウドファンディングと仕組みの面で、違いがあることは理解できたでしょう。
ここでは、もう少し詳しく、特に運用の面についてご説明します。
大事なのは仕組みよりも、実際に運用した時に上手くいくかどうかになりますよね。

他のクラウドファンディングの内容とは違い、やはり投資のリターンがお金になっていることは魅力的な要素になるでしょう。
他の方法では、例えば、お金を寄付すると、その会社のサービスや物をもらえることがほとんどです。
サービスを受けることができた、物が貰えたことが嬉しい人もいますよね。
中には、見返りよりも、何かに貢献できたことを重視している人もいるでしょう。

このような点から見ると、ソーシャルレンディングはお金を増やしたいというニーズがある人に向いていると言えます。

運用のしやすさに大きな違いはありませんが、従来からある投資のハードルを低くした内容が多い特徴があります。
特に、まとまった資金が無いと始められない物は、数多くありますよね。
近年多くなっている内容の1つには、不動産に関する内容があり、手軽に始められると人気が高まっているのです。

そのため、他と比較しても、手軽な形で本格的な投資が行える仕組みであると言えるかもしれません。
運用も依頼する事業者が行ってくれるので、定期的にチェックするだけで簡単ですよね。

まとめ

今回は、クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いはどこかについて、ご説明しました。
大きな違いは、融資型の投資であり、成功すると貸した金額にプラスする形で、利益を得ることができます。
投資で受けられるリターンがお金であることが特徴であり、長期間でお金を増やしたいという人にお勧めです。
お金をどのような形で集めているか、リターンの方法に注目すると、分かりやすくなるでしょう。

2019年3月19日

お役立ち情報 関連記事

ジュニアNISA

学費の為の投資、ジュニアNISAについて解説します

株式投資、外貨投資

なぜ株式投資よりも、外貨投資が難しいのか考えてみよう

米ドル建ての資産形成

米ドル建ての資産形成を考えてみよう!

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter