お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

“投資”と”投機”の違いを把握しよう

2019年3月14日

みなさんは、投資における専門的な言葉の意味を、きちんと把握しているでしょうか。
勉学の多くは、似たような言葉や意味が沢山ありますよね。
何事も、その辺をしっかりと理解して取り組む必要があるでしょう。
今回は、投資に関係する言葉の違い把握することの大切さに、フォーカスをあててみたいと思います。

2つの言葉の違いを把握しよう①投資とは?

まずは、多くの人が必ず聞いたことのある投資について、その言葉の違いを比較しながら一つひとつ把握していきましょう。
ほとんどの人は、用語を聞くだけで、何をすることなのかを想像しやすいですよね。
例えば、具体的な商品の名称だと株式や、不動産を思い浮かべる人もいるでしょう。

意外と幅広い形で、私たちは想像することができます。
しかし、専門的な知識の中では、もう少し細かい分類がなされているのです。
教えてもらうと理解しやすいのですが、意外と知らないという人が多いので、これを機に学んでいきましょう。

理解するポイントは、実施している期間にあります。
まず、投資の場合は基本的に、一定程度の長期間をかけて、自分の資産を増やすという方法を指します。
一例として、株式を参考にご説明しましょう。

株価の変動によって利益が得られるかどうかが、この商品では一番重要になり、私たちもよく想像しがちですよね。
しかし、利益を得るための方法は、人によって実は違います。
それは、優待を利用して物として利益を得たり、配当で得たりする方が良いと考える人がいるからです。
当然ですが、人によって何を利益として得たいのかは違ってきますよね。

このように、期間を長く設け、お金を増やしていくという方法は、「投資」に当たります。
どちらかと言うと、私たちもイメージしやすい意味合いですよね。
次に進みます。

2つの言葉の違いを把握しよう②投機とは?

ここでは、投機という言葉について、上記の意味との違い把握していきましょう。
まずは、そもそもの意味を知らないと、意味の違いを把握することができませんよね。
では早速、簡単にですが、ご説明したいと思います。

投機とは、ある利益を得る為に、短期間ですぐに行うことを指します。
ポイントは、期間が圧倒的に短いという部分で、その時々に応じてチャンスがあるならば、すぐに取引を始める形になります。
想像しやすい行動としては、次のような行為になるでしょう。

例えば、現在人気の商品があり、それにお金をかけるとすぐに利益が得られるため、取引に応じ、不利になりそうな場合はすぐに辞めるといった形です。
一見すると、ある程度の利益があるならば、やっておいて損はないということで行動していると考えられますよね。
確かに、有名な投資家でも、このような行動を1つの作戦として行うことがあるかもしれません。

しかし、一般的には、あまり好ましい行動ではないと言われています。
その理由は、一度でも投資を勉強したことがある人ならば、きっと想像できるはずでしょう。
短期間で行うような場合は、確実に成功できるとは言い難いからです。

基本的に良い状況と悪い状況を繰り返しながら、お金を増やすためにより確実な計画を立てていきますよね。
従って、常に自分にとって、都合の良い状況であるとは限りません。

このような点を踏まえ、2つの言葉の違いをまとめてみましょう。
両方の違いとして言えることは、どの位の時間をかけて行うのかということになります。
短期間で行う場合は投機、長期間で行う場合は投資、というように区別すると良いでしょう。

まとめ

今回は、投資に関係する言葉の違いについて把握していきました。
両方の決定的な違いは、ある商品に対してかける期間になり、短い期間で多くの取引をするような場合は投機になります。
どのような方法も、お金を増やすための行動になるので、一概に間違っているということはないでしょう。
しかし、確実に利益を得たいと考えるならば、投機のような行動はなるべく避けた方が無難です。

2019年3月14日

お役立ち情報 関連記事

ボーナスがあったとしても、投資にストップがかかる人とは?

不動産投資 ワンルームマンション

最近人気の不動産投資の投資先はワンルームマンション?

安定性の高い投資

安定性の高い不動産投資における見落としがちな項目とは?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter