お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

20代にお勧めの【投信積立】を解説

2019年3月13日

20代のみなさんは現在、どのような投資に興味があるでしょうか?
投資に興味があっても、ある程度お金が必要になると思い、予算の面から中々始められないという人もいますよね。
しかし数ある中でも、お勧めの商品があるのです。
今回は、20代にピッタリな投資の1つ、投信積立について解説しましょう!

是非20代に勧めたい投信積立

20代から始めやすい投資の1つである、投信積立の魅力を、記事を通して解説したいと思います。
その前に、どのような内容でお金を増やしていくのか、その仕組みは聞いたことがありますか?
中には、初めて聞いたという人もいますよね。

まずは、どのような投資なのかについて、ポイントを説明していきましょう。
これは、自分で決めた金額を毎月貯めていき、貯まった分のお金で投資信託を行っていく仕組みになります。
一般的な投資信託と同じように見えますが、両者は仕組みの部分において、一部異なる項目があります。
大きな違いは、株等を購入する際の費用を、月々貯めていくという点になるでしょう。

投資を行っている人は知っているかもしれませんが、例えば株を一つ購入するにしても、数万円の費用が必要になります。
それを一括で支払うことができる場合は良いのですが、人によってはその支払いすらも難しいと思う人もいますよね。
そうなると、購入費を貯めつつ、大きな投資に挑戦したいと思う人もいるはずでしょう。

このような希望を叶えてくれるのが、投信積立だと思って下さい。
投資の中には、やはり、ある程度の資金がなければ始められないというイメージがありますよね。
20代は費用の面で、他の世代と比べると、高額な内容にはまだ手が出せないという人もいるでしょう。

積立ならば、時間は少しかかりますが、挑戦することも夢ではありません。
自分の収入と相談しながら、始めることができるでしょう。

20代特有の事情からもっと投信積立を知ろう!~このような人にはよりお勧め~

20代に向いている投資であることは、前の解説からよく分かるかと思います。
一方で、同じ20代であっても、投信積立はどのような人に向いているのかも気になりますよね。
ここでは、20代を含め、どのような人が投信積立を利用しているのかについて、解説しましょう。

始めた人の中で多いのは、100円からでも始めやすいという理由になります。
実際に投資をすることが目的ではありますが、その購入費を無理しない範囲で貯められるところに魅力があるそうです。
そのくらいの金額からでもできるならば、私たちでもすぐ始められますよね。

また、積立の方法は、指定した口座から毎月、決まった金額が引き落としされます。
そのため、自分で毎月費用の増減を気にしなくても良く、更に、無駄遣いして積立のお金がないということを防いでくれます。

自分ですべての管理をすることが難しいと考える人にとっては、少し気が楽かもしれませんよね。
基本的に、始めた時に様々な設定をすることになるので、あまり手をかけなくても良いメリットがあるでしょう。

従って、次のようなタイプの人にはお勧めすることができます。
例えば、仕事が忙しく、常に投資のチェックができない人、資金を貯めつつも投資を行いたいと思っている人になります。
時間がかかることが前提になりますので、激しい変動や大きな利益が欲しいと考えている人には向かないかもしれません。

もちろん、どのような投資をしたいのかによって、当然ですが必要となる金額も変わりますよね。
始める前に、自分の予算だと何ができるのかを相談し、計画を立てながら進めていくと良いでしょう。

参考URL楽天証券
(https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fund/saving/)

まとめ

今回は、20代にピッタリな投資の1つ、投信積立について解説しました。
従来は投資をするにしても、一定のまとまった資金がなければ始められないというイメージがありました。
しかし、購入費を積立ていく仕組みが登場したことで、若い世代でも始めやすくなったと思われます。
自分の収入と相談しながら始められるので、投資デビューの一助として、是非とも参考にしてみて下さいね。

2019年3月13日

お役立ち情報 関連記事

投資 為替ヘッジ

投資前に知りたい、為替ヘッジの役割とつけるべきなのか?

相続税対策 不動産

相続税対策で気になる最新の不動産事情を知っておこう

実物資産

実は持っていた方が良い?~実物資産の大切さと現状を知ろう~

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter