お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

20代の自分に投資して資格を取ろう①ファイナンシャルプランナー

2019年3月3日

皆さんは、20代といえばどのような印象をお持ちですか?
仕事に慣れるために頑張っていたり、知識を深めるために勉強したりする方が多いイメージでしょうか。
そんな20代の方に、資格の中でも、これは是非取っておいた方が良いというものをご紹介したいと思います。
20代の方々必見の資格とは一体、何なのでしょうか。

20代に勧めたい資格の1つである、ファイナンシャルプランナーについて知ろう

まずご紹介したいのが、20代に限らずご存知の方も多い、ある資格についてです。
それは、ファイナンシャルプランナーです。
こちらの資格について、名称は聞いた事があるけれども、実際どのような内容なのか分からないという人もいるでしょう。
まずは、資格を取るとできることについて、ご説明していきます。

ファイナンシャルプランナーを習得してできる事は、主に、資産運用等のお金に関するアドバイスです。
お金の管理は個人でもできますが、より専門的な内容になると分からない場合もありますよね。
お金に関する知識で困ったことがあった際に、解決のお手伝いをする立場であると考えてみて下さい。

では、より具体的に、どのような仕事に活かすことができるようになるのでしょうか?
現在、仕事を探していたり、新しい業務に挑戦してみたいと考えたりしている人にとっては、重要な内容ですよね。
主なシチュエーションとしては、例えば、銀行や企業のお金に関する部署、不動産業界などで活用することができます。

これらの仕事の共通点として、お金に関する内容が含まれている仕事であることが言えますよね。
例えば、税金に関する知識やローンの特徴は、勉強しなければ分からないことも多いです。
そのため、20代でも資格を取得すると、このような職種のニーズから、より活躍できる幅が広がるでしょう。

20代が勉強を始める場合に、資格に関して生じる疑問

20代の方であれば、可能性が未知数ですので、資格を得るために必要な情報をあらかじめ知っておきたいですよね。
仕事に活かせると思い意気込んでいても、実際に試験に受からなければ意味がありません。
合格するにはどういった内容が出題されるのか、また、合格率はどの程度なのか等々、気になるところでしょう。

まずは、合格率について、お話ししていきましょう。
一般的に難しい試験の場合だと合格率も1ケタ代になっていますが、その時の問題の難易度によっては40%を超える時があります。
そのため、勉強をしっかりしておくと、確実に合格しやすいということが分かりますよね。

特に、専門的な知識がゼロの人も多く挑戦しており、近年は関心が高まっているとも言えるでしょう。
また、他の資格と少し異なる点として、筆記試験だけではなく、実技の項目が設けられているのです。
ちょっと難しく感じる人もいるかもしれませんが、どちらも目安として6割の点数が取れているならば問題ありません。

次に、どのような勉強をして、受験しているのかということをご紹介しましょう。
ご自身で行う場合は、書店で売っているテキストを利用して進めることがほとんどですよね。
しかし、1人では中々勉強が進められない、基本的な知識をしっかりと教えてもらいたいという人もいるでしょう。

そのような場合は、通信講座を利用したり、専門のスクールを利用していたりすることがあります。
利用すると、費用面としては、自分で勉強するよりもやはりお金がかかります。
大まかな目安ですが、利用するコースやシステムによって、10万~20万円程度は必要になると思っておいた方が良いでしょう。

費用のことも大切ではありますが、まずは自分がやりやすい方法を見つけることが大切ですよね。
無理しない方法を見つけることも、社会人としては必要になるでしょう。

参考URL 資格の大原(https://www.o-hara.ac.jp/best/financ/)

まとめ

今回は、20代に勧めたい、役立つ資格についてご紹介しました。
お金に関する知識を学び、アドバイスをする資格なので、職種に限定はなく、様々な業界で活用することができます。
知識がゼロの人でも取り組んでいることが多く、しっかりと勉強をしていくと合格もしやすい点も魅力的ですね。
何よりも、自分に合った勉強の仕方が大切になりますので、仕事と両立できる方法を探していきましょう。

2019年3月3日

お役立ち情報 関連記事

早期退職資金

早期退職をするには資金は幾ら必要なの?

年金の受給資格期間

年金の受給資格期間が短くなったの?

企業年金確定申告

企業年金で受け取った一時金は、確定申告の必要があるの?

新着情報

カテゴリー

月別

Twitter