お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

貯金の敵は身近な手数料?~ATMの使い方を見直していこう~

2018年12月24日

みなさんは現在、日常生活のありとあらゆる場面でATMを利用しますよね。
必要なお金の収支が手軽に行える点では便利ですが、その一方で注意すべき点もあります。
信じられないことに、ATMの利用の仕方によっては貯金額に影響を与えている場合もあるのです。
今回は、貯金に影響する、ATM利用時の手数料についてご説明しましょう。

貯金で意外と気づかない手数料

貯金をする際に、様々な金融機関を利用しますが、お金を引き出す場合は手数料がかかることは知っていますか?
ほどんどの方は、銀行を利用する際に、時間帯によっては手数料がかかるのは知っていますよね。
実は、この手数料が地味に、貯金額に影響を与えるのです。

多くの場合、手数料が発生するのは、ATMを利用する人が少ない時間帯です。
「手数料がかかる時間帯に、お金を降ろさなければいい。」
このように思う人もいるかもしれませんが、仕事や用事の関係上、どうしても手数料がかかる時間帯でしか降ろせないということもありますよね。

1回につき、108円くらいかかり、その分は自分の資産から引かれていきます。
1回分では些細な金額かもしれませんが、それが重なっていくとどうなるでしょうか?
例えば、10回手数料を支払ったとなると、ランチ1回分のお金にはなりますよね。

人の価値観によりますが、必要経費だから仕方ないと捉える人もいれば、もったいないと捉える人もいます。

貯金する時に注意すべき手数料は?

上記では、貯金するにあたり、微々たる手数料でも回数が重なるとそれなりの金額になってしまう件についてご説明しました。
では、利用するにあたって注意できる部分はあるのでしょうか?

一番は、やはり、手数料のかからない時間に手続きをすることになります。
これは、貯金だけではなく、生活費に関しても同様のことが言えますよね。
細かい部分かもしれませんが、1円でも大事にしたい場合は徹底すべきです。

また、手数料も利用する金融機関やATMによって異なります。
最近では、コンビニでもお金を降ろすことができるようになり、とても便利になりました。
しかし、コンビニを利用してお金を降ろした場合、手数料が割高になります。

一般的な銀行と比べて、コンビニを利用すると時間帯にもよりますが最高で216円に手数料が変わります。
時間の都合にもよりますが、手数料がかかるにしても銀行を利用した方がまだ良いかもしれません。

まとめ

今回は、貯金に影響するATM利用時の手数料について、ご説明しました。
利用者が少ない時間帯は手数料が設定されていることが多く、1回あたり、たとえ微々たる金額でも1カ月、1年、10年…と重なると、やがて大きな損失になります。
特に、コンビニのATMは便利で使い勝手も良いですが、手数料が割高になるので気を付けましょう。
お金を降ろす際は、手数料に関しても少し気を配ると良いですね。

2018年12月24日

お役立ち情報 関連記事

20代 昔

20代の貯金事情は昔とどれ位変わったの?(平成元年~現在)

40代 貯金

40代の貯金事情はどうなっているの?

賢い 方法

株式における“賢い利益の確認方法”とは?~これで申告が楽になる!~