お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

ライフプラン作成時のポイント~子どもを出産すると仮定した場合~

2018年12月4日

将来、子どもを出産する想定でライフプランを考えている人はいませんか?
子どもがいると、様々な部分でお金が必要になってきますよね。
そこで今回は、自分のライフプランを作成する際に子どもが加わるとどうなるのか、ご説明しましょう。
子どもが関わると、ライフプランニングはどのように変化していくのでしょうか?

自分のライフプランに子どもを組み込むとどうなる?

みなさんは、例えば夫婦2人で生活をした場合、どのくらいのお金がかかるのかを知っていますか?
家計簿を小まめにつけている家庭だと、1か月あたりどのくらいの支出があるのか、はっきり分かりますよね。
子どもが1人増えた場合、当然ですが支出にプラスされる形になります。

特に、小学校に入学してからは、学校に関わる費用が一定額かかってきます。
また、部活をやっていたという人ならば分かるかもしれませんが、運動部なら特に必要な道具を買う必要が出てくるので、さらに支出にプラスされるでしょう。
「かえって、大人よりも何かとお金がかかる」と、思う人もいるかもしれません。

必要な金額から考えても、ライフプラン子どもの存在は大きな影響を与えると言えますよね。
しかし、一緒に生活を営んでいくわけですから、自分一人の時と違って経費が増えるのは当たり前の話です。
そのため、早いうちからしっかりとした準備が必要になります。

ライフプランの作成と子ども関係で気を付けることは?

では、実際にライフプランを作成する時に、子どもに関わる部分で気を付けるべき点には、何があるでしょうか?
これから考える人は、今回の記事も参考にしてみて下さい。

まず、大学の進学を考えている場合、自分の退職の時期と被らないかどうかを考える必要があります。
近年は、年金の受給開始の年齢が上がったことから、継続雇用の形を採る人も少なくありません。
しかし従来に比べ、収入が少なくなることが予想されますよね。

その時の収入と、学費に関わるお金の支払いに問題がないかどうかはとても重要になります。
お金の面で不安なことが予想される場合は、早めのうちに準備や対策をする必要が出てくるでしょう。

次に、マイホームについてです。
子供を出産した場合、養育費と住宅ローンとの兼ね合いが重要になります。
住宅ローンの審査をする時に判断されるのは、現在の収入ですよね。
しかし、年数が経つごとに学費等の兼ね合いで、支払いが厳しくなることも考えられるので、ローンを組む前に問題ないかライフプランを見直しましょう。

まとめ

今回は、ライフプラン作成時、子ども関係で気を付けるべき事柄についてご説明しました。
子どもは成長するにつれ必要な金額がどんどん高額になっていくので、しっかりとした準備が大切になります。
ライフプランを作成する時は、自身の退職時の状況や、住宅ローンを組む場合は無理がないかどうか等、その都度確認しましょう。
子どもを良い環境で育てたいと考えるほど、ライフプランの重要度は高くなります。

お金の勉強会.com

運営・管理会社
株式会社エストマーケティング
TEL 0120-910-491
〒105-0014
東京都港区芝3丁目15-15 櫻井ビル7階

2018年12月4日