お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

これからのマイホーム探しはリフォームを見据えた方が良い?

2018年12月2日

みなさんの中で、これから家を購入しようと考えている人はいませんか?

家は人生の中でも多くの時間を過ごす癒しの場となるので、とても重要な選択になりますよね。
ところで、最近の家探しのポイントは何か、ご存知でしょうか。

今回は、マイホーム探すポイントの中でも、リフォームを見据えて選ぶ利点についてご説明します。

マイホームを所有するにあたり、リフォームを考える必要のある人とは?

マイホームを買う際「リフォームのことまで考えるのは気が早い」と、思う人もいるでしょう。
確かに、リフォームは現状から住みやすくするために行うものですよね。
特に、新築で購入した場合は全てが新しいため、早々に手を加える必要もないでしょう。

しかし、すぐにではなくとも、次のような事情があったり、考えていたりする人がいる場合は、リフォームを視野に入れておく必要が出てきます。
それは、自分の両親等と将来的に一緒に住む可能性がある場合です。
高齢化が進んでいる現状では、誰にでも起こり得ることですよね。

当然、若い時とは異なるので、住まいの状況において住みづらいということも出てくるでしょう。
そのため、家を探すにこのような事情が将来的にあり得る場合は、リフォームがしやすいかどうかも含めて選んでいく必要があります。

マイホームをリフォームする場合の費用はどのくらい?

実際に、様々な事情からマイホームリフォームしようとすると、どのくらいの費用が必要になるでしょうか?
リフォームと言っても様々な形があるので、工事内容によって金額が変わりますよね。
これから先考えている人は、目安だけでも知っておきましょう。

特に、新築よりも中古の住宅を購入した人で、大まかな工事をする場合は高めになってきます。
基本的に一部分の取り換え工事をする場合は、20万円から30万円以上は必要になります。
例えば、トイレの一式を交換するとなると、25万円以上かかることがあるでしょう。

また、大掛かりな工事になってくると100万円を超えることがあります。
一例として、間取りの変更を行う場合、70㎡で700万以上かかることが予想されます。
大まかな工事を見据えた場合は、ある程度早い段階から費用を貯めておく必要がありますよね。

もちろん、リフォームを依頼する会社によって、費用は変動します。
見積もりを見て、費用面で問題がないところに依頼するのも賢い方法でしょう。

まとめ

今回は、マイホーム探しでリフォームを見据えて選ぶことの利点についてご説明しました。
家を購入する時に、将来的に同居の可能性がある場合は、リフォームをする可能性を考えて家探しをする必要があります。
実際に工事をすると、かかる費用は決して安くはないので、築年数等の要素と判断して行います。
無理なく行うためにも、多くの会社がある中、家族の用途や費用に合った会社を探すこともまた、重要なポイントになるでしょう。

お金の勉強会.com

運営・管理会社
株式会社エストマーケティング
TEL 0120-910-491
〒105-0014
東京都港区芝3丁目15-15 櫻井ビル7階

2018年12月2日