お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お金の勉強会.comでは、お金でお金を増やす方法、お金を知ってお金を動かす方法など、お金の本当の使い方を勉強できるセミナーを開催しています。

お役立ち情報

子どものうちにお金を増やしてあげられる方法はないのか?

2018年11月27日

みなさんの中で、子どもがいるという人はいませんか?
子どもに対するお金を、何かしらの形で日々貯めているという人も多いですよね。
実は、子どもの将来に対して、今からできる投資があることを知っていますか?
今回は、子どものうちにお金を増やしてあげられる方法について紹介したいと思います。

子どものために使うお金を投資で

よく、子どものために貯めておいた方が良いお金の1つとして、児童手当が例に挙げられますよね。
しかし、この他にも自分たちで今からでも始められることがあります。

みなさんは、ジュニアNISAという子ども向けの制度を知っているでしょうか?
よく、大人が対象となるものは聞いたことがあるという人もいますよね。
実は、2016年から始まった、子どもの将来に対して行うものもあるのです。

大人版とは異なり、非課税の対象期間は5年で、対象額は1年間で80万円までと言われています。
金額や期間は異なりますが、大まかな制度は大人と一緒になるでしょう。

しかし、大きな違いとして、子ども版は投資ができる期間が過ぎた場合でも、20歳になるまではお金は非課税の扱いになります。
そのため、子どもに対しての備えだけではなく、大人にとってもメリットは大きいと言えるでしょう。

利用目的は子どもの教育に関するお金

このような制度は、どのような人にニーズがあるのでしょうか?
基本的には、子どもの教育に関わる親や親戚が多いと言えるでしょう。
近年、子ども1人に対する教育費がどのくらいになるのか、みなさんは知っているでしょうか?

大学まで卒業させたいと考える人も増えてきており、そのために必要なお金も多くなりますよね。
親の立場になる20代から40代くらいの人たちが、早目の段階で始めることもあります。

また、親だけではなく、孫に対して何かしらの援助をしたいという、祖父母が始める例もあります。
子どもに対する貯蓄やお金の制度の利用は、年々高まっていると言えるでしょう。

今回紹介した制度の特徴として、18歳からお金の引き出しが可能になっています。
大学へ進んだ場合を想定すると、何かとお金が必要になる時期ですよね。
その時に、お金に困ることが少なくなると、子どもにとっても、親にとっても良いことづくめでしょう。

まとめ

今回は、子どものうちにお金を増やしてあげられる方法について紹介しました。
地道に貯金をする方法もありますが、ジュニアNISAという制度を利用するという方法もあります。
ジュニアNISAを利用すると、大人のものと同様に、税金がかからない金額や期間が設けられており、メリットも多いです。
将来使うことのできるお金を増やしていく方法の1つとして、知っておいても損はないですよね。

お金の勉強会.com

運営・管理会社
株式会社エストマーケティング
TEL 0120-910-491
〒105-0014
東京都港区芝3丁目15-15 櫻井ビル7階

2018年11月27日